InvitedTalks

Invited talks and special lectures of Prof. Shigeto R. Nishitani (in Japanese)

Year 2018

「第一原理計算と熱力学を組み合わせた組織形成予測」(invited talk)
「コンピュータによる材料開発・物質設計を考える会(Computer aided Materials and Moleculer Desgin Forum)」第31期CAMMフォーラム 本例会, 2018年2月2日 東京・表参道「アイビーホール」 (旧 青学会館).

Year 2017

"第一原理計算により得られる析出核生成機構の知見"(invited talk)17_miyamoto_osaka_pref_univ.pdf
西谷滋人,JST革新的構造用金属材料創製を目指したヘテロ構造制御に基づく新指導原理の構築,~ナノクラスタリング・ナノ析出の学理に基づく鉄鋼材料の表面硬度分布制御と摩擦磨耗特性向上の指導原理確立~,第4回研究会,(17/12/19 大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス).
"Alの小傾角粒界エネルギーの第一原理計算と転位論の見直し"(invited talk) 17_OsakaU_Sumiden.pdf
西谷滋人, 住友電工アドバンスト解析技術共同研究部門, 第一回勉強会, (2017/7/14, 大阪大学吹田キャンパス, 材料系R2棟2階 R2-221号室).

Year 2014

Maple版ルフィの仲間たち
西谷滋人,クレセントアワー,関西学院大学アカデミックコモンズ(14/4/30).
"Mg 合金における LPSO 構造生成の第一原理計算"14sJPS.pdf
: 西谷 滋人,物理学会,領域10シンポジウム「局所構造と物性 その評価と応用」,東海大学湘南キャンパス(神奈川県平塚市)14/3/29(invited).

Year 2013

"はじめに"13sPhys.pdf, 13sPhysReport.pdf
関西学院大・理工 西谷 滋人,領域10シンポジウム「Mg基長周期積層構造(LPSO)における面欠陥と溶質原子の相互作用」日本物理学会,広島大,13/3/26.

Year 2012

"New Solution Method for SiC Crystal Growth"(Invited talk)
Shigeto R. Nishitani, Yosuke Yamamoto, and Tadaaki Kaneko, TMS 2012 (March 11-15, 21012, Orland, Florida).
”状態図と統計力学の基礎”,"古典的核生成理論の見直しと第一原理計算" 11PhaseDiagramSeminar.pdf 11Gakushin.pdf
西谷滋人,新日鐵住金ステンレス株式会社(NSSC) 研究センター研究会,(12/01/17, 山口県光市).

Year 2011

"古典的核生成理論の見直しと第一原理計算" 11Gakushin.pdf
西谷滋人,日本学術振興会「加工プロセスによる材料新機能発現」第176委員会 第19回研究会「モデリング・シミュレーションによる材料研究」,(11/12/28, 東京理科大学 九段下校舎).
”CASの教育,プログラミングへのソフトウェア工学最新技法の援用” 11KETpic.pdf
西谷滋人,第33回CASTeXセミナー・KETpic.com(11/11/13, 工学院大学新宿キャンパス).
"BbLearn R9.1” 11BbTokyo.pdf
西谷滋人,アシストマイクロ(11/11/11, 東京・銀座ホテルモントレ銀座).
”第一原理計算による半導体欠陥と機能” 11LatticeDefectsWorkShop.pdf
西谷滋人,金属材料研究所ワークショップ「分野融合型格子欠陥研究の発展にむけて」(11/10/27,28, 東北大学金属材料研究所).
”状態図と統計力学の基礎” 11PhaseDiagramSeminar.pdf
西谷滋人,学振状態図セミナー(11/10/17,18, 東京工業大学,大岡山キャンパス,フェライト記念会議室).
” ペアプロは数式処理ソフト修得に効果ありや?!” 11MapleConfPresentations.pdf
西谷滋人,Maple Academic Conference 2011「数式処理の授業への展開と社会への応用」(11/9/14, アキバプラザ 6階 セミナールーム).
” Adobe Master Collection導入” 11AdobeExecMeetPresentations.pdf
西谷滋人,Adobe Executive Gathering, (11/6/29,ウェスティンホテル東京, 恵比寿).

Year 2009

"Metastable Solvent Epitaxy of SiC; another diamond synthetics"(invited)
S R. Nishitani, T. Kaneko and N.Ohtani, Thermec 09'(Berlin, Germany), 09/Aug/27. 09Thermec.pdf
"情報セキュリティ・倫理と数式処理演習"(分担)
西谷滋人,2009年度教員免許状更新講習(09/8/11,関学大).
"コンピュータで数学を"
西谷滋人,啓明学院高校「土曜講座」(09/6/27,関学大).
"情報科学から見た計算材料科学"(oral)
西谷滋人,第7回HSSワークショップ(09/2/24, 北大,創成科学研究棟).09HSS.pdf
1/2成人式
2009年2月12日,すずかけ台小学校,「教授のお仕事」

Year 2008

兵庫県学力向上ステップアップハイスクール事業「大学出張授業」
2008年12月11日,明石高等学校,「地球温暖化を防ぐ科学技術」
JFEスチール スチール研究所教育講座
2008年10月17,18日,JFEスチール西日本倉敷地区,「材料を理解するための量子力学と統計熱力学の基礎と応用」「Mapleで解く物理学」.
兵庫教育大学 大学院前期集中講義『自然科学特論』
2008年9月9,10日,兵庫教育大学,「温暖化の物理」.
"Free Energy from Density Functional Calculations"(oral)
S.R.Nishitani. The 5th International Wrokshop on DV-Xa, 08/August/6, University of Hyogo, Hjimeji 08DV-Xa.pdf

Year 2007

平成19年度文部科学省サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト,「Mapleを使って数学と理科を楽しく学ぼう」
2007年11月12日,明石工業高等専門学校・松宮篤,「線形代数とスクリプト」
平成19年度文部科学省サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト,「Mapleを使って数学と理科を楽しく学ぼう」
2007年7月4日,明石工業高等専門学校・松宮篤,「微積分と力・加速度」

Year 2006

日本鉄鋼協会・秋季講演大会, 材料の組織と特性部会討論会, 「鉄鋼材料の強度予測の信頼性と組織評価の関係IV」
2006年9月17日 新潟大学五十嵐キャンパス「第一原理計算による核生成自由エネルギー」.
Waterloo Maple社,サイバネットシステム社,「Maple Academic Workshop 2006技術計算ツールの現状と問題点~その可能性」
2006年9月8日 カナダ大使館,「新しい入門テキスト作成の試み:チャート式Maple」.
材料学会 日本材料学会分子動力学部門委員会
06/July/14 大阪大学吹田キャンパス,「自由エネルギーの第一原理計算」.
Thermec' 2006 Session H, "Modeling"
Jul/6, Vancouver, "Free Energy Calculations of Precipitate Nucleation."
第19期CAMMフォーラム1月例会
2006年1月13日 東京 虎ノ門パストラル,「第一原理計算を用いた自由エネルギー計算」

Year 2003

日本物理学会 領域10シンポジウム「自己組織化によるナノ構造材料形成に向けたマルチスケールの視点」03fPhys.pdf
2003年9月22日 岡山大学,「はじめに」.

Year 2002

富士通株式会社,「WinMASPHYCフォーラム」
2002年12月20日 富士通幕張システムラボラトリ,「原子間ポテンシャルの適用指針」.
Waterloo Maple社,サイバネットシステム社,「Maple 8リリースセミナーinカナダ大使館」
2002年8月23日 大学生協会館/バーシティホール,「Mapleの材料工学教育での利用」.
Waterloo Maple社,サイバネットシステム社,「Maple 7日本語版リリースセミナーinカナダ大使館」
2002年2月8日 カナダ大使館,「教育・研究分野でのMaple活用紹介」.

Year 2001

日本金属学会 金属学会セミナー,「パソコンで学ぶ材料工学」
2001年12月3日 NEC本社ビル,「数式処理とグラフィックス表示の実際−原子間ポテンシャル」.
軽金属奨学会 第5回軽金属フォーラム,「21世紀にはばたくアルミニウム−その特異性を考える−」
2001年10月12日 虎ノ門パストラル,「表面・界面の電子構造と原子間ポテンシャルモデル−標準モデルからのズレ−」
日本物理学会 領域10シンポジウム,「大規模シミュレーションで見る格子欠陥の世界」
2001年9月18日 徳島文理大学,「大規模シミュレーションのための経験ポテンシャルの開発の現状」.
Last modified:2018/01/23 16:24:08
Keyword(s):
References:[Prof. Shigeto R. Nishitani]