このwebサイトでは、「Internet Explorer 11」はサポートしていません。

TOPICS一覧

2024.02.28
エキスパートとノービスのリスク認知についての研究が日本航海学会論文集に掲載(杉本・長田・東京海洋大 西崎准教授・同 田丸教授・同 村井教授)
2024.02.26
擬似重低音における音質評価についての研究がApplied Acousticsに掲載されました(山﨑・早稲田大 片平准教授・長田, 三菱電機㈱との共同研究)
2024.02.06
宮嶋大輔さん(M1), 張帆特任助教, 杉本匡史特任准教授, 佐々木香暖さん(M2), 北野泰成さん(M2), 橋本翔客員准教授(西南学院大学講師), 長田典子教授が電子情報通信学会メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE)において2024年度MVE賞を受賞しました「大規模言語モデルを用いた評価グリッド法に基づくインタビュー対話システム」 [大学ニュース]
2024.01.30 - 02.02
HVAC&R JAPAN 2024(第43回冷凍・空調・暖房展)@東京ビッグサイトにてタイプ分類の研究成果が展示されました(三菱電機㈱との共同研究)
2024.01.30
長田典子教授、渋田一夫客員教授(宮城大教授)の研究紹介記事がDIC㈱主催のWebサイトDIC 五感と感性の研究所に掲載されました「物理特性から感性価値までをつなぐことで、ものづくりを革新する
2024.01.28
山本倫也教授が、MBSラジオ 日本一明るい経済電波新聞ヤングパワー 若者の挑戦」コーナーに出演し、研究紹介が放送されました。オンデマンドでご聴取いただけます。
2024.01.12
豊島(株)よりプレスリリースがありました「人の感性に基づいた柄を生成AIが提案、豊島が「n感性AIシステム:VIRTUAL STANDARD(TM) AI-PATTERN」クチュールデジタル㈱との共同研究成果が活用されています [産經新聞]
2024.01.17
評価グリッド法による感性価値創造セミナー(Online)にて講演しました(日本人間工学会・海事人間工学研究部会 共催)
長田典子教授「評価グリッド法と感性価値創造」
杉本匡史特任准教授「評価グリッド法を用いた価値構造可視化と応用」
2023.12.26
2023年8月30日~9月1日に開催された映像情報メディア学会 2023年年次大会において吉村崚さん(井村研・M1)が学生優秀発表賞を受賞,その授賞式が映像情報メディア学会 2023年冬季大会で行われました「サッカーにおけるフィールド支配力分布に基づくスペースの推定」
2023.12.19-20
イノベーションストリームKANSAI 7.0@ナレッジキャピタルコングレコンベンションセンターにて井村誠孝研究室が出展しました「認知症がもたらす記憶障害を「自分ごと」として体験するVRシステム
2023.12.19
感性価値創造シンポジウムを開催しました
イノベーションストリームKANSAI 7.0@グランフロント大阪にて,セミナー「感性価値創造シンポジウム」を開催します(うめきた未来イノベーション機構(U-FINO)との共催)
日程:2023.12.19(火)14:00~17:00
会場:ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター ルーム9
【感性価値創造シンポジウム詳細プログラム】
2023.12.18
森下礼智さんの著書「苦手と得意が激しい僕が好きなことを見つけたら毎日が楽しくなり将来が見えてきた―「みんなちがってみんないい」ってなんだろう?」が出版されました。長田典子教授との共感覚に関するエピソードや、杉本匡史特任准教授との映像思考(空間認知能力)に関するエピソードが紹介されています。
2023.11.25
長田典子教授・京都大学 濱田大佐特定研究員の監修記事が科学雑誌 Newtonに掲載されました「「共感覚」の不思議-文字や音に色を感じる特異な感覚はなぜ生じる?-」
2023.11.17
長田典子教授が日本化粧品技術社会(SCCJ)第39回勉強会ワークショップ(西日本)@大阪にて講演しました「感性物性統合学とプロダクトデザイン」
2023.10.23
長田典子教授が令和5年度兵庫県科学賞を受賞しました [発表資料] [受賞者詳細] [神戸新聞] [大学ニュース]
2023.10.12
日本学生科学賞兵庫県コンクールで、木原白桃さん(マリスト国際学校11年生(高2))が兵庫県知事賞を受賞しました「競技かるたにおける共感覚の世界」

※木原さんはJSTグローバルサイエンスキャンパス(GSC)ROOTプログラム実践ステージ生(アドバイザー:長田典子教授、京都大学 濱田大佐特定研究員)
2023.09.23
渋田一夫客員教授(宮城大)がバイオテックグランプリ2023@東京において企業賞であるDIC賞を受賞しました「「感性メトリックバンク」のサービス化」[TECH PLANTER]
2023.09.19
日本心理学会第87回大会@神戸(Onlineとのハイブリッド・2023/9/15-17開催)での発表について甲子園大学HPに掲載されました「【お知らせ】日本心理学会第87回大会(神戸国際展示場3号館)にて研究発表」 [Instagram] [Facebook] [X(Twitter)]
2023.09.12
日本心理学会第87回大会@神戸(Onlineとのハイブリッド・2023/9/15-17開催)での発表について甲子園大学のSNSに掲載されました [Instagram] [Facebook] [X(Twitter)]
2023.09.08
張弘さん(山本研・D2) と山本倫也教授らによる研究発表がヒューマンインタフェース学会ヒューマンインタフェースシンポジウム2023 にて優秀プレゼンテーション賞を受賞しました
2023.09.06
電子情報通信学会 魅力工学研究会シンポジウム2023@大阪公立大において講演しました
杉本匡史特任講師「評価グリッド法を用いた感性価値の可視化手法」
早稲田大 片平建史准教授「個人の「意味ある経験」を可視化する生理心理学的手法の探索」
2023.09.04
村上柚香さん(OG), 都賀美有紀特任助教, 長田典子教授が電子情報通信学会メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE)において2023年度MVE賞を受賞しました「天然・合成香料のための感性指標の構築と好ましさとの関係性に基づく個人の類型化」 [大学ニュース]
2023.08.30
Entertainment Computing 2023@東京工科大において河盛真大さん(井村研・D2)がデモ推薦認定(審査員推薦)とデモ優秀賞(参加者投票)を受賞しました「視力改善を目的としたVRゲームの検討」
2023.08.29
谷口史果さん(M2)が精密工学会 IAIP サマーセミナー2023において優秀発表賞を受賞しました「Textile-GAN -StyleGAN による印象制御に基づくテクスチャ生成-」[大学ニュース]
2023.08.25
長田典子教授が感性実装カフェ2023(Online)にて講演しました「感性工学と感性実装」
2023.07.28
長田典子教授, 山﨑陽一特任准教授, 都賀美有紀特任助教が「循環者になろう!第4回循環創造学セミナー」(Online)に出演しました「「サステナビリティ感」で循環型社会を創る」(YouTubeチャンネル 鎌倉のひとに学びつながる
2023.07.01
古屋晋一客員教授(ソニーコンピュータサイエンス研究所)が東京リサーチ リサーチディレクターに就任しました。[Sony CSL Research Statement]
2023.06.16
橋本学客員教授(中京大)が第29回画像センシングシンポジウム (SSII2023) @パシフィコ横浜にて講演しました
特別講演「いま,そこにある課題の魅力 - 産官学に見えない壁はあるか -」
2023.06.06
喜多亮介さん(山本研OB), 駒澤大 青柳西蔵講師(山本研・研究員), 山本倫也教授がヒューマンインタフェース学会 第23回論文賞 (2023年度)を受賞しました「眼球運動検査・トレーニングのための検査指標の開発」[大学ニュース]
2023.05.19
長田典子教授の解説記事が旬刊経理情報に掲載されました「ビジネスで活きる感性価値」
2023.04.28
スマートフォン用保護フィルムの感性評価モデルについての研究が日本感性工学会論文誌に掲載(濱田客員講師, 杉本特任准教授, 山﨑特任准教授, 長田教授, 住友化学㈱との共同研究)
2023.04.20
関西学院より「月と窓」が出版されました
長田典子教授「感性工学の第一人者・長田典子に訊く。 ビジネスの突破口になり得る、「感性」という付加価値」
井村誠孝教授「VR研究者に聞いてみる、実世界は果たして「リアル」なのか?」
2023.04.04
大谷俊太OB, 西南学院大 橋本翔講師, 杉本匡史特任准教授, 長田典子教授が第17回日本感性工学会春季大会において大会特別賞を受賞しました「単語の係り受け関係に基づく印象評価構造の自動構築」
2023.03.31
KSAC NEXT PIONEER 2022」プロジェクト紹介に掲載されました
山本倫也教授「眼球運動トレーニング「視るトレ」の社会実装
渋田一夫特任教授「心理統計に基づく感性評価サービス
2023.03.31
工学部 田中 裕久教授(先進エネルギーナノ工学科), 長田典子教授の研究紹介「工学部座談会 SDGs X 自分の研究」動画が公開されました [YouTube動画] [関学理系ナビ]
長田研究室からはM1佐々木 香暖さん, M1山下 ののみさんが出演しました.
2023.02.22
感性価値創造シンポジウムを開催しました。
アーカイブ配信動画
イノベーションストリームKANSAI 6.0グランフロント大阪にて、セミナー「感性価値創造シンポジウム」を開催しました(うめきた未来イノベーション機構(U-FINO)との共催)
日程:2023/2/22(水)14:00~17:00(13:30開場=受付開始)
会場:コングレコンベンションセンター ルーム7
【感性価値創造シンポジウム詳細プログラム】
2023.02.21
杉山幸音さん(M1), 寸田菜月OG, 長崎県立大 飛谷謙介准教授, 長田典子教授がIW-FCV2023においてExcellent Paper Awardを受賞しました "Texture synthesis based on aesthetic texture perception using CNN style and content features" [大学ニュース]
2023.01.11
長田典子教授が「次世代技術とユーザーニーズをつなぐ、“感性起点”の未来図の描き方」(Online)に登壇しました
ゲストトーク:感性価値を生み出す研究と、製品・サービス開発への応用
クロストーク:感性を通じてユーザーと繋がる、これからの未来ビジョンの描き方
2022.12.20
古屋晋一客員教授(ソニーコンピュータサイエンス研究所)が文部科学省科学技術・学術政策研究所(NISTEP)が選出する「ナイスステップな研究者」に選定されました。[Sony CSL News]
2022.12.16
山下ののみさん(M1)が1st. STACY Young Generation Symposium (YGS)においてPresentation Award(Poster Session)を受賞しました ”Pattern design bespoke system considering individual differences in affective evaluation using multi-task CNN”
2022.12.16
2022年度仁田記念賞を受賞しました
新海公章さん(M2)「CNN特徴量を利用したスーツスタイルの印象推定モデルの構築」
2022.12.12 - 23
杉本匡史特任講師, 長田典子教授がMEGURI2040・船員スキル定量化事業成果報告会(オンデマンド方式)にて講演しました「船員スキル定量化のための操船リスク認知プロセスの分析」
2022.12.07
長田典子教授が日本油化学会 油脂実践講座2022にて講演しました「AI・ビッグデータによる感性評価技術」
2022.11.26
山本研究室の眼球運動トレーニングに関する研究シーズが, Forbes JAPAN 2023年1月号に掲載されました. Forbes JAPAN Webにも掲載されています.
山本倫也・工学部教授らは, 読み書きや球技が苦手な子どもたちの問題が, 眼球運動のトレーニングによって改善される点に着目し, そのデジタル化, AI化の技術開発を進めています. この技術の社会実装を目指して進めているプロジェクトが「眼球運動のトレーニングが勉強と運動の未来を切り開く」と題して「事業化を目指すイノベーティブな6つの研究シーズ」の1つとして掲載されました.
2022.11.25
小林史弥さん(山本研・M2), 杉本匡史特任講師(長田研), 駒澤大 青柳西蔵講師(山本研・研究員)がヒューマンインタフェース学会 若手卓越研究賞を受賞しました 対象論文「ビスポーク場面における販売員の発話内容のモデル化とコミュニケーションロボットを用いた実験による評価
2022.11.24
東剛且さん(B4)がMUFG Data Science Champion Ship「クラウドファンディングの資金調達の成否を予測しよう!」(2022年8月30日-9月22日開催)において1位入賞が決定しました. 宮嶋大輔(B4)も7位に入りました. [大学ニュース]
2022.11.01
共同研究先の(株)ナリス化粧品から「心地よい」使用感を高めたふきとり化粧水が発表されました[News Release][News Release(使用感の良さ)] [関連論文]
2022.10.28
渋田一夫特任教授が日本テレワーク学会 第27回アカデミックサロン(Online)にて講演しました「感性価値とテレワーク」
2022.10.04 - 31
イノベーションジャパン2022-大学見本市&ビジネスマッチング-Onlineに出展しました(大学等シーズ展示)
長田典子教授「AI・ビッグデータによる価値の協創、共有、循環」
山本倫也教授「視るトレ:ビッグデータ駆動型の眼球運動トレーニングシステム」
2022.10.04
破田野智己研究員, 甲子園大 竹澤智美専任講師, 杉本匡史特任講師, 弘前大 徐貺哲助教, 森川貴嗣OB, 東泰宏OB, 渋田一夫特任教授, 長田典子教授の解説記事がWebマガジン「サービソロジー」に掲載されました「地方活性化に向けた旅行者のニーズの定量的調査:観光動機に基づくタイプ分類と体験意欲の把握
2022.09.30
長田典子教授がSCASセミナー「最新技術のご紹介~感性価値評価-感性の計測、分析法の基礎から最新技術動向まで-」にて基調講演しました「感性の定量化技術 ~AI・ビッグデータによる感性価値創造~」
2022.09.26 - 29
金沢美術工芸大学にてVisionary Thinking 展が開催されました.座談会では長田典子教授が金沢美大 浅野隆教授, 河崎圭吾教授, 荷方邦夫教授とともに登壇しました「感性と価値ある創造のこれから」(座談会動画)
2022.09.07
長田典子教授が電子情報通信学会 魅力工学研究会シンポジウム2022@東京大にて講演しました「感性の指標化~AI・ビッグデータによる感性価値創造~」
2022.08.26
長田典子教授が2022年度 第2回 光材料・応用技術研究会@東京(Onlineとのハイブリッド)にて講演しました「AI・ビッグデータによる感性価値創造」
2022.07.20
長田典子教授が第4回 使えるセンサ・シンポジウム2022@マイドーム大阪にて講演しました
感覚・感性セッション「AI・ビッグデータを用いた感性評価技術」
2022.07.12
長田研究室の研究内容・研究分野の紹介記事が掲載されました■神戸新聞<関学研究室から~神戸三田キャンパス>感性工学 工学部・長田典子教授
2022.07.10
テント空間と創造性の関係性についての記事が掲載されました■日本経済新聞 キャンパス探訪「テントで創造力アップ? 関西学院大学が研究
2022.06.30
新海公章さん(M2)が「日立製作所のAI・デジタル研究者と学ぶ課題解決型オンラインハッカソン」(2021年10月23日-24日開催)で、最優秀賞を受賞しました [最優秀受賞者インタビュー]
2022.06.25
テント空間と創造性の関係性についての記事が掲載されました■読売新聞夕刊 月間大学6月号「教室飛び出しテント交流 意見交換やくつろぐ場
2022.05.25
テント空間と創造性の関係性についての記事が掲載されました■神戸新聞朝刊「テントで作業すると創造性向上?
2022.05.20
テント空間と創造性の関係性についての記事が掲載されました [毎日新聞朝刊「テントで創造性向上」]
2022.05.19 - 20
JP2022・印刷DX展「ワークフローの最適化が拓く新しい印刷様式」@インテックス大阪にて感性価値創造インスティート「感性価値指標化技術」展示
2022.05.01
触感予測モデルの構築と評価についての研究が電気学会論文誌Cに掲載(山﨑・長崎県立大 飛谷准教授・北陸大 谿准教授・井村教授・亀井客員教授・長田)
2022.04.01
「2021年室内環境学会学術大会 大会長技術賞」受賞の言葉が掲載されました. 「B-25 在宅勤務の快適性評価:オフィス勤務における快適性との比較」(栗原幸大, 弓削政郎, 太田幸治, 杉本匡史, 張帆, 長田典子 (2022) 室内環境, 25(1), 105)(三菱電機(株)との共同研究)[大学ニュース]
2022.03.31
JST COIプログラム「ファブ地球社会創造拠点」が, 事後評価において総合評価ランク「S」評価を受けました. 本学は中京大学・金沢美術工芸大学とともにサテライト拠点として参画しました. [COI拠点「感性とデジタル製造を直結し, 生活者の創造性を拡張するファブ地球社会創造拠点」(中核拠点:慶應義塾大学)] [大学ニュース] [大学プレスセンター] [Digital PR Platform] [朝日新聞デジタルマガジン&] [大学ジャーナル]
2022.03.28
大塚栄輔さん(B4), 破田野智己研究員, 張帆特任助教, 杉本匡史特任講師, 山﨑陽一特任講師, 長田典子教授が​, テント空間と創造性の関係性について(株)スノーピークと共同で実証実験の成果を発表しました. [PDF] 報道発表「テント内で作業すると創造性が高まる可能性を示唆」 [報道発表] [スノーピーク] [大学プレスセンター] [マイナビ] [NIIKEI] [Digital PR Platform] [大学ジャーナル]
2022.02.05
表情認識の内部構造分析の研究が精密工学会誌に掲載(長田, 中京大学との共同研究)
2022.02.03-04
【KSAC】起業活動支援プログラム Demo Day 2022(Online)にて講演しました
山本倫也教授「ビッグデータ駆動型眼球運動トレーニング社会の実現に向けたコンテンツ・プロトタイプ開発」
渋田一夫特任教授「心理統計にもとづく対象ごとの感性価値指標を活用した感性評価サービスの開発」
2022.01.28
長田典子教授, 長崎県立大 飛谷准教授, 亀井客員教授の解説記事が「チタン」2022年1月号に掲載されました「チタンの薄膜干渉色に関する研究」(日本製鉄(株)との共同研究)
2022.01.27 - 28
長田典子教授が第39回コロイド・界面技術シンポジウム「感性を揺るがす界面化学:感覚の視覚化、感性工学の最先端」(Online)にて講演しました「AI・ビッグデータによる感性評価技術」
2021.12.27
杉本匡史特任講師, 張帆特任助教, 長田典子教授が2021年室内環境学会学術大会において, 大会長技術賞を受賞しました(三菱電機(株)との共同研究)「在宅勤務の快適性評価:オフィス勤務における快適性との比較」
2021.12.21
長田典子教授が第9回 立命館大学 ものづくり質的研究センター研究会(Online)にて講演しました「AI・ビッグデータによる感性価値創造」[ポスター]
2021.12.20
2021年仁田記念賞を受賞しました.
阪下啓祐さん (M2)「感性の自動指標化技術の開発~形状と印象の関係性のモデル化~」
2021.12.17
(株)ソニーコンピュータサイエンス研究所 古屋晋一博士・長田典子教授・石丸怜子OGのアガリ研究の成果がCommunications Biology誌に掲載されました.
「緊張するとパフォーマンスが低下するのはなぜ?~聴覚と運動を統合する機能の異常を発見~」 [JSTプレスリリース] [報道発表] [日経] [日経] [Yahoo!ニュース]
2021.11.30
(株)技術情報協会より甲子園大 竹澤智美専任講師, 早稲田大 片平建史准教授, 杉本匡史特任講師, 長田典子教授の著書「ヒトの感性に寄り添った製品開発とその計測、評価技術」が出版されました(アットアロマ(株)との共同研究)
2021.11.08
車室内音の感情評価の研究が日本音響学会誌に掲載(早稲田大 片平准教授, 山﨑, 長田, 三菱電機(株)との共同研究)
2021.10.15
COI「感性とデジタル製造を直結し、生活者の創造性を拡張するファブ地球社会創造拠点」最終成果発表シンポジウム(Online)にて講演しました
第3部 感性とデジタル製造を直結するサイエンス基盤「FDDFによる触感データ標準化」井村誠孝教授・山﨑陽一特任助教
第4部 これからのファブ地球社会「感性物性統合学とビスポークデジタル」長田典子教授
2021.10.12 - 13
長田典子教授が技術情報協会 技術セミナー「感性の数値化と新商品開発への活用」(Online)にて講演しました「第6部. AIによる感性価値のモデル化と商品開発への応用」
2021.09.13
「感性デジタルビスポーク」(デジタルファッション(株),(株)センチュリーエールとの共同研究)の記事が掲載されました「未来の礎となる事業基盤強化へ/メンズデイリー」
2021.09.09
長田典子教授がKRPアカデミックセミナー(Online)にて講演しました「AI・ビッグデータによる感性計測」
2021.08.31
長田典子教授・長崎県立大 飛谷謙介准教授・亀井光仁客員教授の解説記事が日本製鉄技報No.418 チタン特集に掲載されました「チタン陽極酸化干渉色のシミュレーション技術」(日本製鉄(株)との共同研究)
2021.08.29
スマホ地図使用による経路記憶成績低下の研究がSpatial Cognition & Computationに掲載(杉本・長田)
2021.08.27
長田典子教授の解説記事が技術広報誌(SCAS NEWS)に掲載されました「提言『感性工学と価値創造』
2021.08.26 - 27
JP2021・印刷DX展「もっと前へ、発展の道は目の前に」@インテックス大阪にて感性価値創造インスティート「感性価値指標化技術」
2021.08.25
COVID-19流行下のストレスと芳香浴による緩和効果の研究がヒューマンインタフェース学会論文誌に掲載(甲子園大 竹澤専任講師・早稲田大 片平准教授・神吉OG・杉本・渋田・長田, アットアロマ(株)との共同研究)
2021.08.25
感情推定の研究がヒューマンインタフェース学会論文誌に掲載(杉本, 長田, 山本研究室との共同研究)
2021.08.23 - 09.17
イノベーション・ジャパン2021-大学見本市Online-に出展しました
長田典子教授「AI・ビッグデータによる感性価値創造」[研究推進HP] [動画]
2021.08.19
井村誠孝教授が神戸新聞社・北摂情報文化懇話会@三田市にて講演しました「体験を拡張するバーチャルリアリティー技術」
2021.08.05
長田典子教授の研究が「研究」で選ぶ大学進学情報サイト「F-Lab.net」/「研究」で選ぶ大学進学情報誌「F-lab.(エフラボ)2022」にて紹介されました
2021.08.02
岡崎聡特任講師が日本音響学会第50回粟屋潔学術奨励賞を受賞しました.
「2純音の同時性知覚における聴覚末梢の寄与」
2021.07.28
長田典子教授の研究がKSC特設サイト「The Innovvater100」にて紹介されました
人の感性を科学する。ものづくりが変わる。
2021.07.13
IEEE World Haptics Conference 2021 Workshop(Online)にて講演しました
長田典子教授「The hierarchical structure of the impressions and feelings (Kansei)」
井村誠孝教授「Haptic feature quantifications of material softness」
山﨑陽一特任講師「Haptic features quantification of material roughness」
2021.07.10
令和3年度第1回三木若者ミーティングにて講演しました
長田典子教授「プロダクトデザインと感性工学について」
渋田一夫特任教授「商品価値検証法(リーンスタートアップ)について」
亀井光仁客員教授「商品企画の3つの分野と事例について」
2021.07.10
甲子園大 竹澤智美専任講師・早稲田大 片平建史准教授・杉本匡史特任講師・長田典子教授の解説記事がクリーンテクノロジー 7月号に掲載されました「COVID-19流行下のストレスの把握と芳香浴によるストレス緩和効果の検証」(アットアロマ株式会社との共同研究)
2021.07.07
長田典子教授の研究が関学 理系技術シーズ集2021に掲載されました [研究推進HP]
2021.06.24
井村誠孝教授がグランフロント大阪 ナレッジキャピタル 木曜サロン(Online)にて講演しました「認知症の記憶障害を“自分ごと”として体験するVR
2021.05.28
池谷駿弥さん(M2・井村研究室)が第65回システム制御情報学会研究発表講演会において, 学生発表賞を受賞しました.
2021.05.09
長田典子教授の解説記事が建築と社会5月号に掲載されました「室内環境における快適感の認知構造と個人特性
2021.03.21
ふきとり化粧水の感性評価の研究が日本化粧品技術者会誌に掲載(山﨑・金沢大 谿研究員・長崎県立大 飛谷准教授・長田, (株)ナリス化粧品との共同研究)
2021.03.12 - 03.18
顔をあげよう。『#今夜はKGmoon』 プロジェクト」公開中 [特設サイト / ティザー動画] =沼田晃佑OBがプロジェクトチームに参加しています=
2021.03.07
第16回日本感性工学会春季大会(Online)にて自動車の感性評価モデルに関する研究を発表(M1小向井・橋本・長田, ダイハツ工業(株)との共同研究)
2021.03.01
長田典子教授の解説記事が日本音響学会誌に掲載されました「音にかかわる共感覚の世界
2021.02.28
杉本匡史特任講師が小貫英教育賞(公益信託 小貫英教育学研究助成記念基金)を受賞しました
「空間認知におけるサーベイパースペクティブとルートパースペクティブ:空間情報の学習と想起」
2021.02.26
(株)R&D支援センターより長崎県立大 飛谷謙介准教授・片平健史特任講師・長田典子教授の著書「高級感を表現する要素技術と評価法ー製品開発における付加価値の向上ー」が出版されました.
2021.02.17
研究室紹介 関西学院大学広報室 高校生向け特設サイト「教員からの学び」に掲載 [前編] [後編]
2021.01.18
長田典子教授のインタビュー記事が掲載されました. アポロ技研(株) 『「触感」を数値化する-先端の感性工学を用いた触感計測装置を共同開発
2021.01.12
長田典子教授・竹澤智美特任講師のインタビュー動画が掲載されました「アロマの機能に注目! コロナ禍を乗り切る香りの支援プロジェクト/経済報道テレビ(KHTV)
2021.01.06
音楽家のあがり要因の研究がPLOS ONE誌に掲載(石丸OG・上智大 古屋准教授・長田)
2021.01.05
パッケージデザインの高級感印象のモデル化の研究が精密工学会誌に掲載(長崎県立大 飛谷准教授・鳥取大 白岩助教・片平・長田・金沢美大 荷方准教授・明治大 荒川教授)
2021.01.02
動画からの表情認識の研究がNeural Computing and Applicationsに掲載(長田, 中京大との共同研究)
2020.12.14
研究室訪問記事「工学部 情報工学課程 研究室訪問 -長田研究室-」KSC学生公式アカウント「これぞ関学」
2020.12.05
薄膜干渉色を有するチタンのマイクロファセット法線分布モデルの研究が精密工学会誌に掲載(M2藤本・長崎県立大 飛谷准教授・亀井客員教授・長田, 日本製鉄(株)との共同研究)
2020.12.01
長崎県立大 飛谷謙介准教授・山﨑陽一特任助教・長田典子教授の解説記事が光アライアンス 2020年12月号に掲載「感性指標化技術によるテクスチャの質感制御
2020.11.19 - 11.20
JP2020・ICTと印刷展「印刷から飛び出す印刷展」@インテックス大阪にて感性価値創造インスティート「感性価値指標化技術」展示
2020.11.13
ビスポーク場面における顧客の心理活動計測の研究がバイオフィードバック研究に掲載(張・杉本・山﨑・宮井OG・小幡OB・山本教授・長田)
2020.11.03
片平建史特任講師のインタビュー記事が掲載 毎日小学生新聞 / 疑問氷解「鳥肌はどうして立つのか?」
2020.11.01
3次元形状の印象推定の研究が電子情報通信学会論文誌Dに掲載(飛谷・M1阪下・谷・橋本・片平・長田, 中京大との共同研究)
2020.10.30
顔に対する知覚的鋭敏さを利用したLED配置パターンの研究がCogent Engineeringに掲載(長崎県立大 飛谷准教授・西島OB・片平・長田)
2020.10.19
「感性デジタルビスポーク」を組み合わせた次世代型オーダー受注システム「Pito®」の記事が掲載「コロナ禍のピンチをチャンスに/メンズデイリー
2020.09.28 - 11.30
イノベーションジャパン2020-大学見本市Online- に出展しました.
JST事業成果展示:「共創の場形成支援」事業 センター・オブ・イノベーション(COI)プログラム
感性とデジタル製造を直結し、生活者の創造性を拡張するファブ地球社会創造拠点」[研究推進HP]
2020.09.18
寸田菜月さん(M2)が電子情報通信学会メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE)において,MVE賞を受賞しました.「Neural Style Featureを用いた感性モデルに基づく質感表現」
2020.09.16
アットアロマ(株)との共同研究成果が発表されました (竹澤智美特任講師・片平建史特任講師・神吉佑菜(B4)・杉本匡史特任助教・渋田一夫特任教授・長田典子教授). 「[関西学院大学と共同調査を実施]天然アロマの心理的効果を実証」 [アットアロマ(株)プレスリリース] [報道発表]
2020.09.07
長田典子教授がサマーセミナー2020にて招待講演(Online).「AI・ビッグデータによる感性価値創造」
2020.09.04
竹澤智美特任講師がSony認知科学セミナー(Online)にて講演しました.「写真のなかの距離の知覚」
2020.09.01
ちりめん塗装の印象評価モデルの研究が Journal of Perceptual Imagingに掲載(金沢大 谿研究員・長崎県立大 飛谷准教授・長田, (株)リコーとの共同研究)
2020.08.31
ユーザタイプ推定モデルの研究が日本感性工学会論文誌に掲載(小幡OB・杉本・長田)
2020.08.19
三菱電機(株)と杉本匡史特任助教・張帆博士研究員・長田典子教授との共同研究成果「室内環境における快適感の認知構造」が記事掲載されました.
日刊工業新聞(ニュースイッチ) / dメニュー ニュース / 化学工業日報 / 電気新聞 / 電波新聞
2020.07.30
特許登録「化粧料の価値評価法」特許第6742006号(長田・飛谷 (現: 長崎県立大准教授)・谿 (現: 金沢大研究員), (株)ナリス化粧品との共同研究)
2020.07.21
ビー・エヌ・エヌ新社より竹澤智美特任講師の著書「要点で学ぶ、色と形の法則150」が出版されました
2020.07.09
関西学院大学広報誌「KG TODAY」7月号 (No.308) に長田研究室の研究記事が掲載「スノーピークと包括連携協定を締結」[報道発表] [snow peak]
2020.07.07、07.21
長田典子教授の解説記事がWEBジャーナル「センサイト」7月号に掲載されました
「AI・ビッグデータによる感性価値創造(1)(2)
2020.07.05
長崎県立大 飛谷謙介准教授・神戸大 谷伊織助教・橋本翔特任助教・長田典子教授の解説記事が、画像ラボ 2020年7月号に掲載「スタイル特徴を利用したDNNによる印象推定に寄与する画像領域の可視化
2020.06.05
鳥肌の研究が Frontiers in Neuroscience に掲載(片平・長田)
2020.05.25
長崎県立大 飛谷謙介准教授・山﨑陽一特任助教・長田典子教授の解説記事がOplusE 2020年5・6月号に掲載((株)ナリス化粧品との共同研究)「感性の指標化技術と製品開発への活用」
2020.04.30
自動車外観デザインの選好に基づく消費者のセグメンテーションの研究が日本感性工学会論文誌に掲載(猪股・藤井OB・橋本・片平・長田・金沢美大との共同研究)
2020.04.15
山﨑陽一特任助教・谿 雄祐・長崎県立大 飛谷謙介准教授・長田典子教授の解説記事がFRAGRANCE JOURNAL4月号に掲載((株)ナリス化粧品との共同研究)「感性評価に基づくふきとり化粧水の処方設計」
2020.04.01
(株)住化分析センターが「感性評価サービス」を開始しました.長田研と感性価値創造インスティテュートで研究開発された感性評価技術が使われています.【株式会社住化分析センターNews Rerease / 大学ニュース / 関西学院大学 研究活動情報
2020.03.10
小幡浩大さん(M2)が2019年度日本人間工学会関西支部大会において,優秀発表賞を受賞しました.「ビスポーク場面におけるユーザの評価因子と満足感に関する検討」
2020.02.25
モノづくりにおける感情推定の研究がヒューマンインタフェース学会論文誌に掲載 (山崎・長田, 山本倫也研究室との共同研究)
2020.02.13
グローブボックス開き挙動における印象再現の研究が自動車技術会論文集に掲載 (飛谷・山﨑・谿・長田, (株)本田技術研究所との共同研究)
2020.02.07
長田典子教授が精密工学会画像応用技術専門委員会2020年度総会@東大にて特別講演. 「AI・ビッグデータによる感性価値創造」
2020.02.04
第32回ひょうご・神戸チャレンジマーケットにて(株)アイケアラボ「パワーアシストチェア」展示
2020.02.01
長田典子教授がTEIJIN MIRAI FORUM 2020@東京都品川区にて講演. 「プロダクトデザインにおける感性価値のメトリック-心理学・脳科学・アートを融合した価値創造-」
2020.01.21
ラップ曲の意欲向上効果の研究が音楽知覚認知研究に掲載(D2森川・長田)
2020.01.16
鈴木秀通さん (M2) が仁田記念賞を受賞しました 「レビューテキストと画像を用いた機械学習によるプロダクトの感性指標の自動構築」
2019.12.18
イノベーションストリームKANSAI@グランフロント大阪にてセミナー「感性価値創造シンポジウム」を開催しました. (大阪イノベーションハブとの共催) [関西学院大学 研究活動情報]
日程:12/18(水)13:30~16:30
会場:コングレコンベンションセンター (ルーム8)
2019.12.14
片平建史特任講師が第51回「感性研究フォーラム」講演会@大阪にて講演. 「心理学研究における感性の定義とその測定」
2019.12.09
長田典子教授が兵庫県高等学校教育研究会科学部会研究発表大会及び講演会@神戸にて講演. 「感性を科学する-心理学・脳科学・アートを融合した価値創造-」
2019.12.05
機械学習を用いたプロダクトの感性指標構築の研究が精密工学会誌に掲載 (M2鈴木・飛谷・橋本・山田OB・長田)
2019.11.26
飛谷謙介特任准教授のインタビュー記事が掲載. ほとんど0円大学「AIが紳士服のオーダーメイドをお手伝い。関西学院大学の感性工学研究で実現。」 [関西学院大学 研究活動情報]
2019.11.17
長田典子教授のインタビュー記事が掲載. FNN.jpプライムオンライン, 「数字に色が付いて5+3が7になる…共感覚を持つ教授にその仕組みを聞いてみた
2019.10.31
9/1をもって日本科学未来館メディアラボ第21期展示「ぴったりファクトリ」が終了しました.期間中には約13万人の方がお越し下さり, 「感性のものさしをつくる実験」に29,495名, 「触感ぴったり化実験」に13,625名の方がご参加下さいました.誠にありがとうございました.展示アーカイブ 「メディアラボ第21期展示「ぴったりファクトリ」
2019.10.30
長田典子教授のインタビュー記事が掲載. NHKニュース「News Up 5+3が7になるのはなぜ?共感覚という個性
2019.10.24
長田典子教授が第4回 感性・身体性センシング技術分科会@東京にて講演しました.「感性価値のメトリックとヒューマンセンシング」
2019.09.28
神戸三田キャンパスの研究成果を紹介する「K.G. mini Fes. ~来て, 見て, 触って. 関西学院大学の研究の魅力を」をグランフロント大阪北館にて行いました. 【K.G. mini Fes.チラシ / 神戸新聞 / 大学ニュース
日時:9月28 日(土)11:00~18:00
場所:アクティブスタジオ・アクティブラボ(グランフロント大阪北館)
2019.09.05 - 09.12
グランフロント大阪北館「ナレッジキャピタル」The Lab.3F「Vis Lab Osaka」ブースにて, 今年も 「『ぴったり』をさぐる」と題してデモ展示を行いました. K.G.Month- AI時代の人とシステムとの関わり方を探ろう
2019.09.05
飛谷謙介特任准教授・谷伊織特任助教・谿雄祐特任講師・長田教授の解説記事が、画像ラボ 2019年9月号に掲載されました. (クチュールデジタル(株)との共同研究)「Neural Style Featureを用いた衣服の柄における印象推定モデルの構築」
2019.09.01
電子情報通信学会誌 2019年9月号に解説記事を掲載(長田)
2019.08.23
「感性AIソムリエ」が髙島屋5店舗で9月1日(日)よりスタートしました.長田研(谷伊織特任助教,飛谷謙介特任准教授,谿雄祐特任講師,M1寸田菜月)とデジタルファッション(株),(株)センチュリーエールの共同研究成果が活用されています.
[髙島屋 News Release / 繊研新聞 / 関西学院大学 研究活動情報 / FORZA STYLE / 日経MJ新聞 (2019.10.21付) / メンズデイリー新聞 (2019.10.21付)]
2019.08.11
神戸新聞朝刊 7面「編集委員インタビュー」コーナーに長田典子教授の研究紹介「感性計測 生きやすさ追求」の記事が掲載されました.
2019.07.05
飛谷謙介特任准教授が技術情報協会セミナー「高級感の定量化技術と製品開発への活用」@五反田にて講演しました.「機械学習による「高級感」のモデル化」
2019.07.01
日本科学未来館メディアラボ第21期展示「ぴったりファクトリ」開催中
会期:5月16日(木)~9月1日(日)
会場:日本科学未来館3階常設展 メディアラボ
掲載記事: 繊研新聞 / MONOist / 未来館brog / 報道発表
2019.06.22
長田典子教授が第50回「感性研究フォーラム」講演会@大阪にて講演しました.「プロダクトデザインにおける感性価値のメトリック」
2019.06.01
質感表現の研究が電気情報通信学会論文誌Dに掲載 (藤井OB・飛谷・谿・亀井・長田, 日本製鉄(株)との共同研究)
2019.04.18
日本科学未来館メディアラボ第21期展示「ぴったりファクトリ」でデモを行います
会期:5月16日(木)~9月1日(日)
会場:日本科学未来館3階常設展 メディアラボ
2019.03.20
長田典子教授のインタビュー記事が掲載.
■ユーザーボイス / 新日鉄住金 「独特の美しいグラデーションが人に〝自然らしさ〟を感じさせる」(日本語/English
2019.03.14
長田典子教授がセンシング技術応用研究会@大阪大学中之島センターにて講演しました. 『感性価値のメトリックとヒューマンセンシング』
2019.03.13
長田典子教授が神戸新聞社・北摂情報文化懇話会@神戸ホテルフルーツフラワーにて講演を行いました. 『感性を数値化して暮らしに活用
2019.03.11
飛谷謙介特任講師が技術教育出版社20周年記念セミナー@東京にて講演しました.「コンピュータグラフィックス技術のメイクアップ化粧品開発への応用」
2019.03.08
橋本翔特任助教が,大阪淀川ロータリクラブ例会@ホテルグランヴィア大阪にて招待講演を行いました.「統計にダマされたないために」
2019.02.25
モノづくりにおける感情についての研究がヒューマンインタフェース学会論文誌に掲載 (杉本・山本教授・長田)
2019.02.21
長田典子教授が第53回SCCJセミナー@東京にて講演しました. 『プロダクトデザインにおける感性価値のメトリック』 [案内] [ポスター]
2019.02.04
長田研究室で開発した「感性AIパターンソムリエ」が,(株)ラッシュアワーのWebサービス「AI(人工知能)で検索するプリント柄」に採用.
2019.02.01
肌意識の研究が顔学会論文誌に掲載 (谿・飛谷・長田, (株)コーセーとの共同研究)
2019.01.01
飛谷謙介特任講師の解説記事が光アライアンス 2019年1月号に掲載されました.「真珠の光学シミュレーションを応用したベースメイク素材の開発」
2018.12.26
印象の自動指標化の研究が日本感性工学会論文誌に掲載 (M2山田・橋本・長田)
2018.12.20
岸野客員教授がIEEE Circuits and Systems (CAS) Kansai Chapter 技術講演会@大阪大学にて講演しました. 『Towards the Future Society through Kansei Value Creation』
2018.12.13
情報技術協会@五反田にて講演(飛谷)
2018.12.07
長田典子教授がViEW(Vision Engineering Workshop)2018@パシフィコ横浜にて特別講演を行いました.『感性価値のメトリックとプロダクトデザイン』
2018.11.26
平成30年度KANSEI“感性”サロンの記事が掲載されました.
■電気新聞「広島で『感性サロン』応用多彩に製品化
2018.11.05
長田典子教授が「平成30年度KANSEI“感性”サロン」@広島にて基調講演を行いました.『楽しさや感動といった感性価値をもたらす新しい製品開発システム~人の感じ方を定量化し製品設計に役立つ客観的なものさし(メトリック)を作る~』
2018.10.31
飛谷謙介特任講師が第1回COI学会で優秀発表賞を受賞しました.『CNN のスタイル特徴を用いた感性的質感を制御可能なテクスチャ生成手法』
2018.10.25
飛谷謙介特任講師が「第1回COI学会@大阪大学中之島センター」にて招待講演を行います.『CNN のスタイル特徴を用いた感性的質感を制御可能なテクスチャ生成手法』
2018.10.24
山﨑陽一特任助教が「第1回やわらか3Dネットワーク@堀場製作所東京支店2F プレミアムホール」にて講演を行います.『感性価値と素材質感』
2018.10.19
長田典子教授が「COIシンポジウム@日本科学未来館 未来館ホール」にて研究報告・ディスカッションを行いました.
2018.10.01
視触覚情報統合様式に関する研究が日本バーチャルリアリティ学会論文誌に掲載 (谿・M2藤原・M2竹本・飛谷・井村教授・長田)
2018.09.25 - 10.01
グランフロント大阪北館「ナレッジキャピタル」The Lab.3F「Vis Lab Osaka」ブースにて, 今年も 「感性メトリック×AI技術によるデザイン支援」と題してデモ展示を行います. 是非, お越しください.
K.G.Month~あなたに寄り添う最新インタラクティブテクノロジー
2018.09.25
(株)ナリス化粧品との共同研究成果が発表されました.「ふきとり化粧水使用時の「心地よさ」を数値化する手法を確立」 (山﨑・谿・飛谷・長田)
[PR TIMES] [日本経済新聞]
2018.09.12
日本ペイントホールディングス(株)との共同研究成果が発表されました. 「欧州の国際学会 ECVP2018で, 「塗膜の印象評価における光沢の影響」について研究成果を発表しました
2018.09.11
橋本翔特任助教が,日本行動計量学会“肥田野直・水野欽司賞(奨励賞)”を受賞しました.これは若手の研究者で,日本行動計量学会の学術雑誌または大会において,今後期待される意欲的な研究業績を発表した個人を対象とするもので,毎年,原則として1名に与えられる賞です.
2018.09.05
長田典子教授が電子情報通信学会 魅力工学研究会シンポジウム@大阪工大梅田キャンパスにて招待講演を行います.『感性価値のメトリックとプロダクトデザイン』
2018.08.31
感性評価の階層性の研究が日本感性工学会論文誌に掲載(片平・武藤OB・橋本・飛谷・長田)
2018.08.30 - 08.31
イノベーション・ジャパン2018~大学見本市 & ビジネスマッチング」に出展しました.『感性メトリック×AI技術で拓くヒューマンセンタードデザイン』また,JSTフェア2018も西3ホールにて同時開催されました.
2018.08.06
飛谷謙介特任講師が第12回応用福祉工学シンポジウムにて講演を行いました.『感性価値指標化技術とプロダクトデザインへの応用』
2018.06.29
クチュールデジタル(株)との共同研究成果「感性デジタルビスポーク(感性AI)」がiOSデバイス向けアプリに活用されました. 世界でひとつのオリジナルファッションアイテムが作れる~ファッションデザインアプリケーション『COUTURE』 [プレスリリース]
2018.06.14
長田典子教授のインタビュー記事が掲載.
■ユーザーボイス / 新日鉄住金 「独特の美しいグラデーションが人に〝自然らしさ〟を感じさせる」(日本語/English
2018.05.14
長田典子教授の研究紹介記事が掲載. 現代ビジネス「「共感覚」の持ち主には、世界がこんなに違って見えていた
2018.05.07
表情認識の研究が電気学会論文誌Cに掲載(中京大 佐々木・中京大 渡邉・中京大 橋本教授・長田)
2018.04.20
橋本翔特任助教が,大阪淀川ロータリクラブ例会@ホテルグランヴィア大阪にて招待講演を行いました.『感性とディープラーニング』
2018.03.16
(株)コーセーの「肌どけファンデ」(雪肌精 スノー CC パウダー)が発売されました.メイク肌における透明感の研究が採用されています
2018.03.12
フロー体験の研究がFrontiers in Psychologyに掲載(片平・山崎・山岡OG・尾崎OB・D中川・長田)
2018.01.22
谿雄祐特任講師と(株)コーセーとの「透明感」に関する共同研究成果が,製品化に活用されました.『~「視覚」と「触覚」でつくる「透明感」の実現~スキンケア製法の“肌どけ”パウダーファンデーションを開発』
2017.11.22
長田典子教授が第3回質感のつどい公開フォーラム@大阪大学(吹田キャンパス)銀杏会館 にて招待講演を行いました.『質感のメトリックとプロダクトデザイン』
2017.11.01
長田典子教授が日本光学会年次学術講演会 Optics & Photonics Japan 2017@筑波大学東京キャンパス にて招待講演を行いました.『感性イメージングとそのプロダクトデザインへの応用』
2017.11.06
情報技術協会@五反田にて講演(長田)
2017.09.27 - 10.03
グランフロント大阪北館「ナレッジキャピタル」The Lab.3F「Vis Lab Osaka」ブースにて,今年も「あなたの感性を推測する」と題してデモ展示を行っております.
是非,お越しください.
【 K.G Month 実世界とあなたの間を取り持つ情報科学技術】
2017.09.13
長田典子教授が「第7回 CSJ化学フェスタ2017」にて講演します.
日時:2017年10月17日(火)15:10~
会場:タワーホール船堀 2階 桃源(K会場)
発表タイトル:「プロダクトデザインにおける感性価値のメトリック」
2017.09.08
第22回日本顔学会大会(フォーラム顔学2017)の記事が掲載されました.
■神戸新聞
「モテる顔とは?」西宮で日本顔学会 9日から
2017.08.30
イノベーション・ジャパン2017~大学見本市&ビジネスマッチング~
に出展します.
日時:2017年8月31日(木) 9:30~17:30
9月 1日(金)10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト(東京・江東区有明3-11-1)
展示内容:「プロダクトデザインにおける感性指標化、及び感覚シミュレーション技術」
ブース展示:東1ホール【情報通信 ブース番号 I-33】
ショートプレゼン:東1ホール【JSTショートプレゼン会場B】
9月1日(金)16:05~
2017.08.24
第22回日本顔学会大会(フォーラム顔学2017)が開催されます.
日時:2017年9月9日(土),10日(日)
会場:本学西宮上ケ原キャンパスB号館
大会組織:岸野文郎客員教授(大会長),長田典子教授(実行委員長),井村誠孝教授(プログラム委員長),感性価値創造研究センター,日本顔学会 関西支部

2017.07.13
2017年度めぐみ公開講座@神戸女学院にて講演(長田)
2017.06.02
橋本翔特任助教が,大阪淀川ロータリクラブ@ホテルグランヴィア大阪にて招待講演を行いました.『感性工学の広がりとビッグデータ解析』
2017.05.24
長田典子教授が文部科学省「情報ひろばラウンジ」にて講演します.

日時:2017年5月29日(月)14:00~16:00
会場:文部科学省「情報ひろばラウンジ」(旧文部省庁舎1階)
発表タイトル:
「感性のものさしをみんなで作ってみよう!
~プロダクトデザインにおける感性価値のメトリック~」
※申し込み不要,一般参加可,無料,是非お越しください.
[報道発表]
2017.05.15
コンバーテックに感性工学を用いたものづくりについて掲載(長田)
"「感性の物差し」で製品サービスの開発を後押し。モノへの印象から個人の好み傾向を導き出す"
2017.04.25
COSMETIC STAGE 2017年4月号に解説記事を掲載 (谿・飛谷・長田)
"人が見た目で感じる加齢への印象と化粧品開発への応用"
2017.03.10
デザイン支援の研究がデザイン学研究に掲載(猪股・李OG・金沢美大 荷方准教授・長田)
2017.03.01
操作音イメージスケールの研究がヒューマンインタフェース学会論文誌に掲載(同女大 和氣教授・M2今井・長田)
2017.02.06
JSTオープンイノベーションフェアWEST2017~関西発 大学技術シーズ見本市」に出展します。
日時:2017年2月7日(火)10:00~17:30・8日(水)10:00~16:00
会場:グランフロント大阪北館 B2階 ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター
展示内容:「プロダクトデザインにおける感性指標化、及び感覚シミュレーション技術
2017.01.07
画像に関する感性空間の研究が日本感性工学会論文誌に掲載
(電通大 饗庭助教・高松OB・沼田OB・M1佐藤・長田)
2016.12.03
NHK Eテレ「ららら♪クラシック」で共感覚の研究が紹介されました.1
2016.12.03
行動分析の研究がヒューマンインタフェース学会論文誌に掲載(阪大 田中助教・山本教授・長田)q2
2016.11.26
長田典子教授が日本色彩学会 平成28年度研究会大会にて招待講演を行いました.『プロダクトデザインにおける感性価値のメトリック』 [PDF]
2016.09.28 - 10.04
グランフロント大阪北館「ナレッジキャピタル」The Lab.3F「Vis Lab Osaka」ブースにて、今年も「あなたの感性を推測する」と題してデモ展示を行います。
K.G.Month ~人と人,人とシステムが「わかりあう」ための情報科学技術
2016.08.26
長田典子教授が「JSTフェア2016『センター・オブ・イノベーションプログラム 成果発表会』」に登壇します。

日時:2016年8月26日(金)15:10~15:20

会場:東京ビッグサイト 西2セミナー会場
発表タイトル:ファブ地球社会における感性価値の創造
2016.08.25 - 08.26
JSTフェア2016」に出展します。

日時:2016年8月25日(木)10:00~17:30・26日(金)10:00~17:00

会場:東京ビッグサイト 西2ホール
展示内容:COIプログラム事業
感性とデジタル製造を直結し、生活者の創造性を拡張するファブ地球社会創造拠点/慶應義塾大学
2016.07.20
3次元形状の感性評価の研究が日本感性工学会論文誌に掲載 [PDF]
(片平,M2武藤,李OG,飛谷,鳥取大白岩助教,中島,
長田,岸野教授,山本教授,金沢美大河崎教授・荷方准教授・浅野教授)
2016.07.04
デジタルドキュメントサービス研究会(D.D.S.S.)特別講演会にて講演(長田)
2016.04.01
月刊機関誌包装技術
2016.03.26
関西学院大学の月間展示【 K.G.Month ~あなたの感性を刺激する最新インタラクティブテクノロジー 】(2015/9実施)が、グランフロント大阪 ナレッジキャピタルが主催するナレッジイノベーションアワード モノ部門で優秀賞を受賞しました。
2016.03.05
ファブ地球社会/創造的生活者シンポジウムで、デモと講演を行います
日時:2016年3月5日(土)10:00~12:00 研究展示:13:00~17:30(シンポジウム)
会場:慶應義塾大学三田キャンパス
2015.11.17
テックデザイン技術講習会にて「感性の科学と感性工学的アプローチ」を講義(長田)
2015.09.24 - 09/30
グランフロント大阪北館「ナレッジキャピタル」The Lab.3F「Vis Lab Osaka」ブースにて、
「あなたの感性を推測する」と題して研究紹介を行いました。
【 K.G.Month ~あなたの感性を刺激する最新インタラクティブテクノロジー 】
2015.08.27 - 08.28
イノベーション・ジャパン2015に出展しました.
2015.07.24 - 07.25
COI
~創造的生活者プロジェクト合宿~@関西学院大学を主催
2015.07.21
大阪芸術大学にて講演(長田)
2015.07.07
理系白書シンポジウム「君たちに今、伝えたいこと~科学者からのメッセージ~」の採録記事が毎日新聞朝刊に掲載されました。
理系白書シンポジウム特集(2015年7月5日毎日新聞朝刊掲載)22面
理系白書シンポジウム特集(2015年7月5日毎日新聞朝刊掲載)23面
2015.07.06
COIサイトビジット@慶應義塾大学に出席(長田・飛谷・片平・谿・田中・猪股・橋本)
2015.06.19
日経エレクトロニクス 2015/07号に,COIプロジェクト(ファブ地球社会創造拠点),マイクロバブルの快適性研究,LEDの感性指標研究が掲載されました.
特集:Breakthrough 答えは脳に聞け
■第1部:動向 脳計測で“ものづくり維新” 電機やクルマが続々導入
■第2部:実例 トヨタ、パナソニック、東芝 「脳=ヒト」の見える化に挑む
2015.06.15
長田典子教授が理系白書シンポジウムにて京都大学・山中伸弥教授,ソニーコンピュータサイエンス研究所・遠藤謙氏,毎日新聞社・元村有希子編集委員とともにパネルディスカッションを行いました.[大学ニュース]
2015.05.13
長田典子教授が理系白書シンポジウム「君たちに今、伝えたいこと~科学者からのメッセージ」に登壇します.[大学ニュース]

日時:2015年6月15日(月) 13:30-16:30
場所:西宮上ケ原キャンパス中央講堂

【プログラム】
■基調講演:「強い志が未来を拓く」京都大学iPS細胞研究所所長 山中伸弥教授
■パネルディスカッション「垣根を越えたコミュニケーションのすすめ」
●パネリスト
京都大学iPS細胞研究所所長 山中伸弥教授
(株)ソニーコンピュータサイエンス研究所 遠藤 謙氏
関西学院大学理工学部 長田 典子教授
●コーディネーター
毎日新聞デジタル報道センター編集委員 元村 有希子
2015.03.13
Mitsubishi Electric Research Laboratory にて講演(長田)
2015.03.01
日本化粧品技術者会誌に真珠の光学特性の研究論文が掲載(飛谷・石田・朴・長田)
2015.02.12
文部科学省「革新的イノベーション創出プログラム(センター・オブ・イノベーションCOI STREAM)」に採択されました。「感性とデジタル製造を直結し、生活者の創造性を拡張するファブ地球社会創造拠点(サテライト機関)」[大学ニュース]
2015.02.01
電子情報通信学会論文誌にモティベーティブコミュニケーションの研究論文が掲載(白岩鳥取大助教・片平・饗庭電通大助教・飛谷・長田)
2014.12.01
精密工学会誌に布質感表現の研究論文が掲載(飛谷・水嶋・長田)
2014.10.01
COI-T「感性に基づく個別化循環型社会の創造」プロジェクトが,2014年度 グッドデザイン賞を受賞しました(長田・飛谷・片平・鳥取大学 白岩史助教・中島(加)・李・武藤)[大学ニュース]
2014.10.01
日本顔学会誌に主観年齢の研究論文が掲載(北岡・片平・長田)
2014.08.30
巳波弘佳教授・長田典子教授・古屋晋一上智大准教授の共著論文「ピアノ演奏コンピュータグラフィクス制作技術」が,日本オペレーションズ・リサーチ学会より事例研究賞を受賞しました.TVアニメ「のだめカンタービレ」の演奏シーン制作に使用された技術です.
2014.08.19
古屋晋一上智大准教授・中村あゆみOG・長田典子教授のピアノ演奏スキルに関する共著論文がウォール・ストリート・ジャーナル誌アメリカ版に紹介されました."Piano Playing Makes Fingers More Nimble", Research Report, The Wall Street Journal
2014.07.01
長田典子教授がCOI-T「感性に基づく個別化循環型社会の創造」プロジェクトのシンポジウムに登壇します.

[創造的生活者シンポジウム]
日時:2014年7月11日(金) 13:30-17:30
場所:明治大学 駿河台キャンパス アカデミーコモン
[シンポジウム:アカデミーホール(3階) |
展示デモンストレーション:1階入口横]
講演:15:00~ ケーススタディ・ライトニングトーク内(長田)
ケーススタディデモ(飛谷・片平・白岩・中島(加)・李・武藤)
参加:オンラインによる無料登録制
2014.07.01
映像情報メディア学会誌にバーチャル夜光虫の研究論文が掲載(飛谷・電通大饗庭助教・東OB・相田OB・長田)
2014.06.25
Neuroscienceにピアノ演奏スキルの研究論文が掲載(上智大古屋准教授・中村あ・長田)
2014.06.23
長田典子教授がパネルディスカッションに登壇します.

[世界市民フォーラムin大阪(関西学院125周年記念事業)]
[大学ニュース
日時:2014年7月21日(月・祝)13:00-16:00
場所:グランフロント大阪
テーマ:「いま、科学技術を学ぶということ~ボーダーレス化する知の世界~]
基調講演:高橋智隆氏(ロボットクリエーター)
2014.06.13
Neuroscience lettersにピアノ演奏スキルの研究論文が掲載(上智大古屋准教授・中村あ・長田)
2014.05.21
ATIS例会@東京で共感覚の研究について講演(長田)
2014.05.06
日本音楽知覚認知学会の論文賞を受賞しました.饗庭絵里子・田中里弥・藤澤隆史・赤塚諭・下斗米貴之・長田典子 「和音進行による情動の知覚:fMRIおよび印象評価によるアプローチ」
2014.02.18
人間工学に入浴効果の研究論文が掲載(片平・矢野・松浦・飛谷・長田)
2014.02.18
計測自動制御学会論文集にピアノ演奏スキルの研究論文が掲載(中村あ・合田・長田)
2014.01.29
飛谷謙介博士研究員が平成25年電気学会優秀論文発表賞を受賞しました。「カーテンアニメーションカタログ作成のための感性指標と織布の物理特性の関係性に関する検討」
2014.01.04
COI-T合宿@東京(長田・飛谷・片平)
2013.12.18
白岩史博士研究員が関西学院大学第一回山田晴河記念賞を受賞しました.「データサイエンスに基づく感性価値モデルの構築および両眼視差・運動視差 による奥行き知覚に関する研究」
2013.11.21
(株)ナリス化粧品との共同研究成果が発表されました.[3DCGを活かした化粧品開発の新たなアプローチを世界に提案](飛谷・石田・朴・長田)
2013.11.05
精密工学会論文誌に透過質感の研究論文が掲載(飛谷・石田・野村・長田)
2013.11.05
精密工学会論文誌にLED視認性の研究論文が掲載(白岩・飛谷・饗庭・長田)
2013.11.01
革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)に採択されました.COI-T(トライアル)拠点(サテライト機関)「感性に基づく個別化循環型社会創造拠点-感性価値創造研究拠点-」[大学ニュース]
2013.11.01
カシオ計算機(株)からお気に入りの曲を伴奏して楽しめるiOS用アプリ「Chordana Tap」がリリースされました.和音性評価と色彩表現の研究が採用されています.(藤澤隆史(現福井大学助教)・饗庭絵里子(現電気通信大学助教)・谷光彬OB・三軒谷友美OG・飛谷・長田)
2013.09.24 - 09.30
「K.G.Month<ヒューマン・システム・インタラクション>のアート&デザイン」@グランフロント大阪にて,バーチャル夜光虫のデモを行いました. [大学ニュース]
2013.09.08
計測自動制御学会論文集にピアノ演奏スキルの研究論文が掲載(中村あ・合田・長田)
2013.09.05
白岩史博士研究員が第12回情報科学技術フォーラム(FIT2013)でFIT奨励賞を受賞しました.「モチベーティブ・コミュニケーションモデルにおける動機からのユーザタイプ推定」
2013.08.09
饗庭絵里子理工学部研究員(産業技術総合研究所)が日本音響学会第34回粟屋潔学術奨励賞を受賞しました.「同時性判断の精度に対する楽器演奏経験の影響 -蝸牛遅延との関連の検証-」
2013.07.17
科学技術財団MDS研究会で講演(飛谷)
2013.07.05
特許登録「イメージスケール作成方法、その装置、及びイメージスケール作成プログラム」特許第5303758号(藤澤・長田)
2013.06.03
文部科学大臣表彰 受賞記念講演会を行います.
日時:2013年6月29日(土) 14時30分~16時
場所:理工学部(Ⅳ号館)401号教室
2013.06.01
電子情報通信学会論文誌に照明のくつろぎ感の研究論文が掲載(長田)
2013.04.08
長田典子教授が,平成25年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞を受賞しました.業績は「科学と芸術を融合した感性価値創出技術の振興」です. [大学ニュース]
2012.12.25
三菱エコキュートの新製品が発売されました.入浴時の快適性研究が採用されています.[特長1 ここまで快適/ホットあわー](片平・饗庭・矢野・松浦・飛谷・長田)