業績リスト - Yusuke Sakumoto's Homepage

目次

1. 論文誌 – 査読有

  1. Yusuke Sakumoto and Hiroyuki Ohsaki, ``Graph Degree Heterogeneity Facilitates Random Walker Meetings,'' IEICE Transactions on Communications, vol.E104-B, No.6, pp.604-615, June 2021. (Cpyright 2021 IEICE DOI PDF) (preprint)
  2. Yusuke Sakumoto and Masaki Aida, ``Wigner's Semicircle Law of Weighted Random Networks,'' IEICE Transactions on Communications, vol.E104-B, No.3, pp.251-261, Mar. 2021. (Cpyright 2021 IEICE DOI PDF) (preprint)
  3. Yusuke Sakumoto, Ittetsu Taniguchi, ``Fast Directional Energy Interchange Used in MCMC-Based Autonomous Decentralized Mechanism toward Resilient Microgrid,'' Journal of Information Processing, Vol.28, pp.75-85, Jan. 2020. (Copyright 2020 IPSJ, DOI)
  4. Yusuke Sakumoto, Tsukasa Kameyama, Chisa Takano, and Masaki Aida, ``Information Propagation Analysis of Social Network Using the Universality of Random Matrix,'' IEICE Transactions on Communications , vol.E102-B, No.2, pp.391-399, Feb. 2019. (Copyright 2019 IEICE DOI, PDF)
  5. Yusuke Sakumoto, Masaki Aida, and Hideyuki Shimonishi, ``Adaptive Function to Ensure Robustness of MCMC-Based Autonomous Decentralized Control Mechanism against Changing Environment,'' Journal of Information Processing, Vol.24, No.6, pp.887-896, Nov. 2016. (Copyright 2016 IPSJ, DOI)
  6. Yusuke Sakumoto and Hiroyuki Ohsaki, ``Fluid-Based Analysis for Understanding TCP Performance on Scale-Free Structure,'' Journal of Information Processing, Vol.24, No.4, pp.660–668, July 2016. (Copyright 2016 IPSJ, DOI)
  7. Yusuke Sakumoto, Chisa Takano, Masaki Aida, and Masayuki Murata, ``Proof Test of Chaos-Based Hierarchical Network Control Using Packet-Level Network Simulation,'' IEICE Transactions on Communications , vol. 99-B, No.2, pp.402-411, Feb. 2016. (Copyright 2016 IEICE, DOI, PDF)
  8. Yusuke Sakumoto, Masaki Aida, and Hideyuki Shimonishi, ``Autonomous Decentralized Control for Indirectly Controlling System Performance Variable of Large-Scale and Wide-Area Networks,'' IEICE Transactions on Communications, Vol. E98-B, No.11, pp. 2248-2258, Nov. 2015. (Copyright 2015 IEICE, DOI, PDF)
  9. Masaya Yokota, Yusuke Sakumoto, and Masaki Aida, ``Design and Evaluation of a Method for Enhancing Robustness of MCMC-Based Autonomous Decentralized Mechanism for VM Assignment Problem,'' International Journal of Recent Engineering Science, vol.2, no.5, pp. 29-37, Oct. 2015.
  10. Yusuke Sakumoto and Ittetsu Taniguchi, ``Autonomous Decentralized Mechanism for Energy Interchanges with Accelerated Diffusion Based on MCMC,'' IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics Communications and Computer Sciences, Vol. E98-A, No.7, pp. 1504-1511, Jul. 2015. (Copyright 2015 IEICE, DOI, PDF)
  11. Yusuke Sakumoto, Hiroyuki Ohsaki, and Makoto Imase, ``Design and Implementation of Flow-Level Simulator FSIM for Performance Evaluation of Large Scale Networks,'' International Journal of Computer Science and Telecommunications, Vol.4, No.8, pp.1-10, Aug. 2013.
  12. Yusuke Sakumoto, Hiroyuki Ohsaki, and Makoto Imase, ``A Method for Accelerating Flow-Level Network Simulation with Low-Pass Filtering of Fluid Model,'' Journal of Information Processing, Vol.21, No.3, pp.481-489, July 2013. (Copyright 2016 IPSJ, DOI)
  13. Yusuke Sakumoto, Shinpei Kuribayashi, Satoshi Hasegawa, Hiroyuki Ohsaki, and Makoto Imase, ``On the Effectiveness of Epidemic Broadcast with Directional Transmission in Vehicular Ad-Hoc Networks,'' Journal of Communications, vol. 8, no. 3, pp. 168-176, Mar. 2013
  14. Yusuke Sakumoto, Takeaki Nishioka, Hiroyuki Ohsaki, and Makoto Imase, ''On the Effectiveness of Stable Numerical Solution for Flow-Level Network Simulator,'' International Journal of Advancements in Computing Technology (IJACT), Vol. 5, No. 2, pp.771-784, Jan. 2013.
  15. Yusuke Sakumoto, Hiroyuki Ohsaki, and Makoto Imase, ``Performance of Thorup’s Shortest Path Algorithm for Large-Scale Network Simulation,'' IEICE Transactions on Communications, Vol. E95-B, No.5, pp.1592-1601, May 2012. (Copyright 2012 IEICE, DOI, PDF)
  16. Yusuke Sakumoto, Hiroyuki Ohsaki, and Makoto Imase, ``Improving Robustness of XCP (eXplicit Control Protocol) for Dynamic Traffic,'' IEICE Transactions on Communications, Vol. E93-B, No.11, pp. 3013-3022, Nov. 2010. (Copyright 2010 IEICE, DOI, PDF)
  17. Yusuke Sakumoto, Hiroyuki Ohsaki, and Makoto Imase, ``Stability Analysis of XCP (eXplicit Control Protocol) with Heterogeneous Flows,'' IEICE Transactions on Communications, Vol. E92-B, No.10, pp. 3174-3182, Oct. 2009. (Copyright 2009 IEICE, DOI, PDF)
  18. Satoshi Hasegawa, Yusuke Sakumoto, Mirai Wakabayashi, Hiroyuki Ohsaki, and Makoto Imase, ``Delay Performance Analysis on Ad-Hoc Delay Tolerant Broadcast Network,'' IEICE Transactions on Communications Special Section on Ad Hoc and Mesh Networking for Next Generation Access Systems, Vol.E92-B, pp. 728-739, May 2009. (Copyright 2009 IEICE, DOI)

2. 国際会議 – 査読有

  1. Keita Tatebe and Yusuke Sakumoto, ``A Study on an Autonomous Adaptive Mechanism for the Robustness of the User’s Location-Aware Resource Assignment against Demand Fluctuation,'' in Proceedings of the 12th International Conference on Intelligent Networking and Collaborative Systems (INCoS 2022), pp.187-985, Sep. 2022
  2. Nanami Tsuji, Fumiya Toyoda, Yusuke Sakumoto and Hiroyuki Ohsaki, ``Spectral Formula for the Expected First Meeting Time of Diverse Random Walks on a Graph,'' to be presented at the 45th IEEE Signature Conference on Computers, Software, and Applications (COMPSAC 2022), pp.XX-XX, June 2022.
  3. Eriko Segawa and Yusuke Sakumoto , ``Preliminary Study for the Impact of Small Eigenvalues on Laplacian Anomaly Detection of Dynamic Networks,'' to be presented at the 45th IEEE Signature Conference on Computers, Software, and Applications (COMPSAC 2022), pp.XX-XX, June 2022.
  4. Toshitaka Kashimoto and Yusuke Sakumoto, ``For Designing Autonomous Decentralized Method of User-Aware Resource Assignment in Large-Scale and Wide-Area Networks,'' in Proceedings of the 13th International Conference on Intelligent Networking and Collaborative Systems (INCoS 2021), pp.169-182, Sep. 2021.
  5. Fumiya Toyoda and Yusuke Sakumoto, ``The Effect of Agents' Diversities on the Running Time of the Random Walk-Based Rendezvous Search,'' in Proceedings of the 13th International Conference on Intelligent Networking and Collaborative Systems (INCoS 2021), pp.158-168, Sep. 2021.
  6. Toyoaki Taniguchi and Yusuke Sakumoto, ``A Study on the Effect of Triads on the Wigner’s Semicircle Law of Networks,'' in Proceedings of the 12th International Conference on Intelligent Networking and Collaborative Systems (INCoS 2020), pp.245-255, Sep. 2020
  7. Fumiya Toyoda, Yusuke Sakumoto and Hiroyuki Ohsaki, ``Proposal of an Efficient Blind Search Utilizing the Rendezvous of Random Walk Agents,'' in Proceedings of the 43th IEEE Signature Conference on Computers, Software, and Applications (COMPSAC 2020), pp.568-575, July 2020.
  8. Yusuke Sakumoto and Ittetsu Taniguchi, ``Evaluation of MCMC-Based Autonomous Decentralized Mechanism of Energy Interchange in Practical Scenario with Generation Fluctuation,'' in Proceedings of the 22nd IEEE International Conference on Emerging Technologies And Factory Automation (ETFA 2017), pp.1-5, Sep. 2017.
  9. Yusuke Sakumoto and Hiroyuki Ohsaki, ``First Meeting Time Formula of Two Random Walkers toward Understanding Epidemic Information Dissemination,'' in Proceedings of the 41th IEEE Signature Conference on Computers, Software, and Applications (COMPSAC 2017), pp.262-263, July 2017.
  10. Yusuke Sakumoto and Masaki Aida, ``A Decision-Making Model with Relaxed Dissensus Condition toward Consensus Building via Social Media,'' in Proceedings of the 27th IEEE International Conference on Communications (ICC 2017), pp.1-6, May 2017.
  11. Ryosuke Sawada, Yusuke Sakumoto, Chisa Takano and Masaki Aida, ``Experimental Study on Relationship between Indices of Network Structure and Spectral Distribution of Graphs,'' in Proceedings of IEICE Information and Communication Technology Forum 2016 (ICTF 2016), July 2016.
  12. Yusuke Sakumoto and Ittetsu Taniguchi, ``Proposal for Fast Directional Energy Interchange Used in MCMC-Based Autonomous Decentralized Mechanism toward Resilient Microgrid,'' in Proceedings of the 2016 Design, Automation and Test in Europe (DATE 2016), pp. 237-240, Mar. 2016.
  13. Masaya Yokota, Yusuke Sakumoto and Masaki Aida, ``A Method for Enhancing Robustness of MCMC-Based Autonomous Decentralized Control,'' in Proceedings of the 2015 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2015), Dec. 2015.
  14. Moena Tanaka, Yusuke Sakumoto, Masaki Aida and Konosuke Kawashima, ``Study on the Growth and Decline of SNSs by Using the Infectious Recovery SIR Model,'' in Proceedings of the 10th Asia-Pacific Symposium on Information and Telecommunication Technologies (APSITT 2015), Aug. 2015.
  15. Yusuke Sakumoto and Hiroyuki Ohsaki, ``On the Impact of Scale-Free Structure on End-to-End TCP Performance Using Fluid-Based Analysis,'' in Proceedings of the 39th IEEE Signature Conference on Computers, Software, and Applications (COMPSAC 2015), pp. 652-653, July 2015.
  16. Yusuke Sakumoto and Ittetsu Taniguchi, ``An Autonomous Decentralized Mechanism for Energy Interchanges with Accelerated Diffusion Based on MCMC,'' in Proceedings of the 20th Asia and South Pacific Design Automation Conference (ASP-DAC 2015), pp. 279-284, Jan. 2015.
  17. Liu Yongchao, Yusuke Sakumoto, Chisa Takano and Masaki Aida, ``Parameter Design for Efficient Link Utilization in Chaos-Based Transmission Rate Control,'' in Proceedings of the Second International Symposium on Computing and Networking (CANDAR'14) Workshop (ASON 2014), pp.300-303, Dec. 2014.
  18. Yusuke Sakumoto, Masaki Aida and Hideyuki Shimonishi, ``An Autonomous Decentralized Adaptive Function for Retaining Control Strength in Large-Scale and Wide-Area System,'' in Proceedings of the 57th IEEE Global Communications Conference (Globecom 2014), pp. 1958-1964, Dec. 2014.
  19. Yusuke Sakumoto, Masaki Aida and Hideyuki Shimonishi, ``An Autonomous Decentralized Control for Indirectly Controlling System Performance Variable in Large-Scale and Wide-Area Network,'' in Proceedings of the 6th International Telecommunications Network Strategy and Planning Symposium (Networks 2014), pp. 1-7, Sep. 2014.
  20. Yusuke Sakumoto, Masaki Aida and Hideyuki Shimonishi, ``Autonomous Decentralized Mechanisms for Generating Global Order in Large-Scale System: Using Metropolis-Hastings Algorithm and Applying to Virtual Machine Placement,'' in Proceedings of the 9th Asia-Pacific Symposium on Information and Telecommunication Technologies (APSITT 2012), pp. 1-6, Nov. 2012.
  21. Yuri Takahashi, Chisa Takano, Yusuke Sakumoto, and Masaki Aida, ``Transmission Rate Control Utilizing Chaotic Nature of Coupled Oscillators,'' in Proceedings of the 4th International Conference on Intelligent Networking and Collaborative Systems (INCoS 2012), pp. 126-131, Sep., 2012.
  22. Yusuke Sakumoto, Hiroyuki Ohsaki, and Makoto Imase, ``Accelerating Flow-Level Network Simulation with Low-Pass Filtering of Fluid Models,'' in Proceedings of the 12th Annual International Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2012), pp. 148-154, July 2012.
  23. Kenji Takagi, Yusuke Sakumoto, Chisa Takano, and Masaki Aida, ``On Convergence Rate of Autonomous Decentralized Structure Formation Technology for Clustering in Ad Hoc Networks,'' in Proceedings of the 11th International Workshop on Assurance in Distributed Systems and Networks (ADSN 2012) held in conjunction with the 32nd IEEE International Conference on Distributed Computing Systems (ICDCS 2012), pp. 356-361 , June, 2012.
  24. Yusuke Sakumoto, Hiroyuki Ohsaki, and Makoto Imase, ``Fluid-Based Analysis of TCP Flows in a Scale-Free Network,'' in Proceedings of the 11th Annual International Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2011), pp. 37-43, July 2011.
  25. Shinpei Kuribayashi, Yusuke Sakumoto, Satoshi Hasegawa, Hiroyuki Ohsaki, and Makoto Imase, ``Performance Evaluation of Epidemic Broadcast with Directional Antennas in Vehicular Ad-Hoc Networks,'' in Proceedings of the second Workshop on High Speed Network and Computing Environments for Scientific Applications (HSNCE 2011) held in conjunction with the 10th Annual International Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2011), pp. 260-265, July 2011.
  26. Yusuke Sakumoto, Takeaki Nishioka, Hiroyuki Ohsaki, and Makoto Imase, ``On the Effectiveness of Stable Numerical Solution for Flow-Level Network Simulation,'' in Proceedings of the 8th International Conference on Complex Systems Annual International Symposium on Applications and the Internet (ICCS 2011), pp. 359-368, June 2011.
  27. Yusuke Sakumoto, Hiroyuki Ohsaki, and Makoto Imase, ``On the Effectiveness of Thorup's Shortest Path Algorithm for Large-Scale Network Simulation,'' in Proceedings of the First Workshop on High Speed Network and Computing Environments for Scientific Applications (HSNCE 2010) held in conjunction with the 10th Annual International Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2010), pp. 339-342, July 2010.
  28. Shinpei Kuribayashi, Yusuke Sakumoto, Satoshi Hasegawa, Hiroyuki Ohsaki, and Makoto Imase, ``Performance Evaluation of Broadcast Communication Protocol DSCF (Directional Store-Carry-Forward) for VANETs with Two-Dimensional Road Model,'' in Proceedings of IEEE International Workshop on Vehicular Communications, Networks, and Applications (VCNA 2009), pp. 615-619, Dec. 2009.
  29. Takeaki Nishioka, Yusuke Sakumoto, Hiroyuki Ohsaki, and Makoto Imase, ``Design and Implementation of Flow-Level Simulator for a Network with Heterogeneous Flows,'' in Proceedings of the 9th Annual International Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2009), pp. 78-84, July 2009.
  30. Yusuke Sakumoto, Hiroyuki Ohsaki, and Makoto Imase, ``Increasing Robustness of XCP (eXplicit Control Protocol) for Dynamic Traffic,'' in Proceedings of the 50th IEEE Global Telecommunications Conference (GLOBECOM 2007), pp. 2025-2030, Nov. 2007.
  31. Yusuke Sakumoto, Ryota Asai, Hiroyuki Ohsaki, and Makoto Imase, ``Design and Implementation of Flow-Level Simulator for Performance Evaluation of Large Scale Networks,'' in Proceedings of 15th Annual Meeting of the IEEE International Symposium on Modeling, Analysis, and Simulation of Computer and Telecommunication Systems (MASCOTS 2007), pp. 166-172, Oct. 2007.
  32. Yusuke Sakumoto, Hiroyuki Ohsaki, and Makoto Imase, ``On XCP Stability in a Heterogeneous Network,'' in Proceedings of 12th IEEE Symposium on Computers and Communications (ISCC'07), pp. 531-537, July 2007.

3. 研究会 – 査読無

  1. 作元 雄輔, `` [招待講演] スペクトラルグラフ理論とその応用,'' 電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会, 技術研究報告 (CQ2022-25), p.43, July 2022.
  2. 建部 圭太, 作元 雄輔, ``ユーザからの資源要求量の変動に対して適切な資源割当を維持するための自律調整機構の検討,'' 電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会 技術研究報告 (CQ2022-10), pp.50-55, May 2022.
  3. 瀬川 絵里子, 作元 雄輔, ``なぜラプラシアン行列の小さい固有値を用いるとテンポラルネットワークの異常が検出しやすくなるのか?,'' 電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会 技術研究報告 (CQ2022-9), pp.44-49, May 2022.
  4. 大石 悠貴,谷口 豊明,瀬川 絵里子, 作元 雄輔, ``ラプラシアン行列の固有値を用いた特異な脳構造を持つ被験者の検出に向けた一検討,'' 電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会 技術研究報告 (CQ2021-93), pp.94-99, Jan. 2022.
  5. 豊田 郁弥, 作元 雄輔, 大崎 博之, ``ランダムウォークを用いたランデブー探索に対する適切なパラメータ設定の検討,'' 電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会 技術研究報告 (CQ2021-92), pp.88-93, Jan. 2022.
  6. 辻 七海,豊田 郁弥, 作元 雄輔, 大崎 博之, ``異なる遷移確率を持つ複数ランダムウォークの性質の解明に向けた実験的検討,'' 電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会 技術研究報告 (CQ2021-85), pp.50-55, Jan. 2022.
  7. 辻 七海,豊田 郁弥, 作元 雄輔, 大崎 博之, ``異なる遷移確率に従うランダムウォークの初回接触時間の検討,'' 電子情報通信学会 ソサエティ大会 講演論文集(B-16-1), p.188, Sep. 2021.
  8. 瀬川 絵里子,谷口 豊明, 作元 雄輔, ``ラプラシアン行列の固有値選択がテンポラルネットワークの異常検出に与える影響の考察,'' 電子情報通信学会 ソサエティ大会 講演論文集(B-11-15), p.140, Sep. 2021.
  9. 瀬川 絵里子,谷口 豊明, 作元 雄輔, ``ラプラシアン行列の固有値を用いたテンポラルネットワークの異常検出に対する改良方法の提案,'' 電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会 技術研究報告 (CQ2021-40), pp.17-22, Sep. 2021.
  10. 辻 七海,豊田 郁弥, 作元 雄輔, 大崎 博之, ``スペクトラルグラフ理論を用いた遷移確率と移動頻度が異なる多様な複数ランダムウォークの解析,'' 電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ研究会 技術研究報告 (IA2021-17), pp.14-21, Sep. 2021.
  11. 豊田 郁弥, 作元 雄輔, ``エージェントの多様性がランダムウォークを活用したランデブー探索の実行時間に与える影響,'' 電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会 技術研究報告 (CQ2021-121), pp.53-58, May 2021.
  12. 谷口 豊明, 作元 雄輔, ``トライアドが存在するネットワークに対する正規化ラプラシアン行列の固有値分布の普遍性に関する考察,'' 電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会, 技術研究報告 (CQ2020-90), pp.102-103, Jan. 2021.
  13. 大石 悠貴,谷口 豊明, 作元 雄輔, ``WSD(Weighted Spectral Distribution)を用いた脳ネットワーク分析手法の構築に向けた検討,'' 電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会, 技術研究報告 (CQ2020-66), pp. 32-37, Jan. 2021.
  14. 作元 雄輔, 谷口 一徹, ``EV アグリゲータを介した自律分散型の電力売買の検討,'' 計測自動制御学会 システム・情報部門 2020年度学術講演会 論文集(SS7-3-4), Nov. 2020.
  15. 大石 悠貴,谷口 豊明, 作元 雄輔, ``脳コネクトーム分析に対する WSD (Weighted Spectral Distribution) の利用可能性に関する検討,'' 電子情報通信学会 第18回 通信行動工学第2種研究会, Nov. 2020.
  16. 豊田 郁弥, 作元 雄輔, 大崎 博之, ``大規模な未知のネットワークに対するランダムウォークを用いたランデブー探索の有効性の評価,'' 電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会 技術研究報告 (CQ2020-37), pp.15-20, Sep. 2020.
  17. 樫本 紀尚, 作元 雄輔, ``ネットワークのスケールフリー構造が自律分散型のコンテンツレプリカ配置制御に与える影響,'' 電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会 技術研究報告 (CQ2020-36), pp.9-14, Sep. 2020.
  18. 豊田 郁弥, 作元 雄輔, 大崎 博之, ``大規模なネットワークにおけるランデブー型ランダムウォーク探索の有効性に関する一検討,'' 電子情報通信学会 ソサエティ大会 講演論文集(B-16-23), p.233, Sep. 2020.
  19. 谷口 豊明, 作元 雄輔, ``ネットワークのトライアドがウィグナー半円則に与える影響の分析,'' 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集(B-11-24), p.273, Mar. 2020.
  20. 小久保 怜, 作元 雄輔, ``EV の自律的電力売買を仲介する EV アグリゲータの検討,'' 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集(B-11-23), p.272, Mar. 2020.
  21. 豊田 郁弥, 作元 雄輔, ``ランダムウォークエージェントを用いた非構造ネットワークに対する高速なランデブーアルゴリズムの検討,'' 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集(BS-5-2), pp.S100-S101, Mar. 2020.
  22. 樫本 紀尚, 作元 雄輔, ``ICN におけるコンテンツレプリカのな配置手法の検討,'' 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集(BS-5-1), pp.S98-S99, Mar. 2020.
  23. 豊田 郁弥, 作元 雄輔, 大崎 博之, ``ランダムウォークエージェントのランデブーを活用した効率的なブラインド探索の提案,'' 電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ研究会 技術研究報告 (IA2019-74), pp.99-104, Mar. 2020.
  24. 樫本 紀尚, 作元 雄輔, ``ICNにおけるコンテンツレプリカの自律分散的配置手法の提案,'' 電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ研究会 技術研究報告 (IA2019-73), pp.93-98, Mar. 2020.
  25. 谷口 豊明, 作元 雄輔, ``ネットワークのトライアドがウィグナー半円則に与える影響,'' 電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会, 技術研究報告 (CQ2019-112), pp. 29-34, Jan. 2020.
  26. Fumiya Toyoda, Yusuke Sakumoto, ``Investigation on the First Meeting Time of Random Walk Agents with Heterogeneous Transition Probability for Optimal Rendezvous Search,'' Proceedings of IEICE Workshop on Internet Architecture and Applications 2019 (IA2019), pp. 43-46, Nov. 2019.
  27. 作元 雄輔, 大崎 博之, ``グラフの次数ばらつきが 2 つのランダムウォークの初回接触時間に与える影響,'' 電子情報通信学会 ソサエティ大会 講演論文集(B-11-9), p.165, Sep. 2019.
  28. 作元 雄輔, 大崎 博之, ``グラフスペクトルに基づくランダムウォークの解析— グラフの次数ばらつきが初回接触時間に与える影響 —,'' 電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ研究会 技術研究報告 (IA2019-09), pp.39-44, Sep. 2019.
  29. 作元 雄輔, ``ウィグナーの半円則を満たす重み付きネットワークの条件導出,'' 電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会, 技術研究報告 (CQ2019-55), pp. 95-100, July 2019.
  30. 作元 雄輔, 会田 雅樹, `` [招待講演] ランダム行列理論に基づく社会ネットワーク分析,'' 電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会, 技術研究報告 (CQ2018-87), pp. 65-70, Jan. 2019.
  31. 作元 雄輔, 大崎 博之, ``未知のネットワークにおける複数のランダムウォークを用いた協力型探索法の検討,'' 電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ研究会 技術研究報告 (IA2018-36), pp. 1-8, Nov. 2018.
  32. 作元 雄輔, 大崎 博之, ``未知のネットワークにおける複数ランダムウォークを用いた協力型探索手法に関する一検討,'' 電子情報通信学会 革新的無線通信技術に関する横断型研究会(MIKA 2018) 技術研究報告, Sep. 2018.
  33. 杉本 俊, 作元 雄輔, 会田 雅樹, ``社会ネットワークの構造推定における圧縮センシングの効果と特性,'' 電子情報通信学会 ソサエティ大会 講演論文集(BS-6-5), pp.S12-S13, Sep. 2018.
  34. 作元 雄輔, 会田 雅樹, ``ウィグナーの半円則を満たす重み付きネットワークの条件,'' 電子情報通信学会 ソサエティ大会 講演論文集(B-11-10), p.202, Sep. 2018.
  35. 作元 雄輔, 会田 雅樹, ``ランダム行列理論に基づく社会ネットワークにおけるポジティブフィードバックの分析,'' 電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会, 技術研究報告 (CQ2018-58), pp. 59-64, Aug. 2018.
  36. 作元 雄輔, 会田 雅樹, ``ランダム行列理論を利用した社会ネットワークにおけるフィードバック効果の解析,'' 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集(BS-6-8), pp.S123-S124, Mar. 2018.
  37. 作元 雄輔, 大崎 博之, ``広域通信サービスを利用できないモバイルノード同士の効率的な情報交換戦略に関する一考察,'' 電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ研究会 技術研究報告 (IA2017-68), pp. 17-22, Jan. 2018.
  38. 亀山 元, 作元 雄輔, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``ランダム行列の普遍性を利用した社会ネットワーク上の情報伝播特性の分析,'' 電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ研究会 技術研究報告 (IA2017-62), pp. 55-60, Dec. 2017.
  39. 亀山 元, 作元 雄輔, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``ランダム行列を用いた社会ネットワーク上の情報伝搬特性の分析,'' 電子情報通信学会 第12回 通信行動工学研究会, Sep. 2017.
  40. 作元 雄輔, 大崎 博之, ``すれ違い通信における情報散布・収集特性を理解するための移動端末ユーザの初回接触時間に対する検討,'' 電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ研究会 技術研究報告 (IA2017-9), pp. 47-52, June 2017.
  41. 澤田 涼介, 作元 雄輔, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``ノード間の隣接関係が正規化ラプラシアン行列の固有値に与える影響の分析,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会 技術研究報告 (IN2016-165), pp. 407-412, Mar. 2017.
  42. 作元 雄輔, 会田 雅樹, ``口コミを踏まえた合意形成における意見の不一致条件を緩和したモデルの考察,'' 電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会, 技術研究報告 (CQ2016-76), pp. 17-22, Nov. 2016.
  43. 作元 雄輔, 谷口 一徹, ``レジリエンスの高いマイクログリッドに向けた指向性のある自律分散型電力融通方式,'' 電気学会 平成28年度 電子・情報・システム部門大会 講演論文集, Aug. 2016.
  44. 作元 雄輔, 会田 雅樹, ``個人間の対立・協調関係を表す拡張ラプラシアン行列を用いた口コミの大域的効果の定式化,'' 電子情報通信学会 第9回 通信行動工学研究会, Jan. 2016.
  45. 澤田 涼介, 作元 雄輔, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``ネットワーク構造の諸指標とグラフスペクトルの関係,'' 電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会 技術研究報告 (NS2015-89), pp. 13-18, Nov. 2015.
  46. 作元 雄輔, 会田 雅樹, ``口コミの大域的効果に対する分析結果の妥当性検証に向けた英国支持政党の数値実験,'' 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(B-7-30), p.101, Sep. 2015.
  47. 作元 雄輔, 会田 雅樹, ``イジングモデルを利用した社会ネットワークにおける口コミの大域的効果の理解と応用の検討,'' 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集(BS-8-13), pp.S178-S179, Mar. 2015.
  48. 柴田 理史, 作元 雄輔, 会田 雅樹, ``ラプラシアン行列の固有ベクトルに記述されるグラフ情報の実験的考察,'' 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集(BS-8-12), pp.S176-S177, Mar. 2015.
  49. 横田 将也, 作元 雄輔, 会田 雅樹, ``MCMCに基づく自律分散制御における環境変動への適応法の検討,'' 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集(BS-8-1), pp.S154-S155, Mar. 2015.
  50. 作元 雄輔, 会田 雅樹, ``イジングモデルを利用した社会ネットワークにおける口コミの大域的効果の理解と応用に向けて,'' 電子情報通信学会 第8回 通信行動工学研究会, Mar. 2015.
  51. 横田 将也, 作元 雄輔, 会田 雅樹, ``MCMCに基づく自律分散制御における環境変動への適応法,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会 技術研究報告 (IN2014-149), pp.169-174, Mar. 2015.
  52. 妹尾 俊樹, 作元 雄輔, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``経路探索におけるクラスタ間干渉の低減という観点からのMANETのクラスタリング手法の比較,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会 技術研究報告 (IN2014-139), pp.109-114, Mar. 2015.
  53. 柴田 理史, 作元 雄輔, 会田 雅樹, ``ラプラシアン行列の固有ベクトルを用いたネットワーク構造分析法の実験的考察,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会 技術研究報告 (IN2014-130), pp.55-60, Mar. 2015.
  54. 田中 萌奈, 作元 雄輔, 会田 雅樹, 川島 幸之助, ``状態が感染的に遷移する拡張SIRモデルを用いたSNSの盛衰の検討,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会 技術研究報告 (IN2014-129), pp.49-54, Mar. 2015.
  55. 作元 雄輔, 大崎 博之, ``スケールフリー構造が TCP エンド間性能に与える影響: スループット・パケット棄却率・ラウンドトリップ時間の解析,'' 電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会 技術研究報告 (CQ2014-81), pp. 59-64, Nov. 2014.
  56. Toshiki Senoo, Yusuke Sakumoto, Chisa Takano, Masaki Aida, ``Comparison of MANET Clustering Methods by Considering Mitigation of Interference between Clusters,'' in Proceedings of the 3rd Japan-Korea Joint Workshop on Complex Communication Sciences (JKCCS'14), Oct. 2014.
  57. 劉 永超, 作元 雄輔, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``カオスを利用した送信レート制御におけるリンク帯域を考慮したパラメータ設計法の検討,'' 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(B-7-3), p.60, Sep. 2014.
  58. 横田 将也, 作元 雄輔, 会田 雅樹, ``MCMC法に基づく仮想計算機割当におけるトラヒック変動への適応法の検討,'' 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(B-7-2), p.59, Sep. 2014.
  59. 作元 雄輔, 会田 雅樹, ``仮想計算機間の通信頻度が時間変動する状況下での集中制御および自律分散制御の性能評価,'' 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集(B-7-1), p.58, Sep. 2014.
  60. 横田 将也, 作元 雄輔, 会田 雅樹, ``MCMC法に基づく仮想計算機割当制御におけるトラヒック変動への適応法,'' 電子情報通信学会 第3回 NetSci研/CCS研 合同ワークショップ, Aug. 2014.
  61. 作元 雄輔, 谷口 一徹, ``拡散方程式に基づく自律分散電力ルーティングに関する基礎検討,'' システム制御情報学会 第58回 研究発表講演会 (SCI’14) 講演論文集(324-4), May 2014.
  62. 横田 将也, 作元 雄輔, 会田 雅樹, ``データセンタネットワークにおけるMCMC法に基づく自律分散的な動的タスク配置技術の検討,'' 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集 (B-7-8), p.183, Mar. 2014.
  63. 作元 雄輔, 会田 雅樹, 下西 英之, ``トラヒック集中と負荷分散のバランスを維持するための自律分散的環境適応機能の検討,'' 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集 (BS-6-8), pp.S202-S203, Mar. 2014.
  64. 作元 雄輔, 会田 雅樹, 下西 英之, ``大規模・広域システムにおいてトラヒック集中と負荷分散のバランスを維持するための自律分散的環境適応機能,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会 技術研究報告 (IN2013-189), pp. 269-274, Mar. 2014.
  65. 高橋 友里, 作元 雄輔, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``カオスを利用したレート制御方式のシミュレーション評価,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会 技術研究報告 (IN2013-113), pp. 83-88, Dec. 2013.
  66. 作元 雄輔, 会田 雅樹, ``自律分散的秩序形成技術とクラスタリングを用いた集中制御技術の性能比較,'' 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集 (BS-9-2), pp.S177-S178, Mar. 2013.
  67. 臼井 健, 地引 昌弘, 作元 雄輔, 高野 知佐, 会田 雅樹, 西永 望, ``自律分散セッションステートマイグレーションによる需要変動に応じたサーバ制御の検討,'' 電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ研究会 技術研究報告 (IA2012-98), pp. 135-140, Mar. 2013.
  68. 蛯名俊之介, 高野 知佐, 作元 雄輔, 会田 雅樹, ``結合振動子のカオスを利用した送信レート制御における隣接条件及びパラメタ設計,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会 技術研究報告 (IN2012-199), pp. 269-274, Mar. 2013.
  69. 作元 雄輔, 会田 雅樹, 下西 英之, ``ボルツマン分布の特性に基づいたシステム局所化と均一化の調和を実現する自律分散的秩序形成技術,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会 技術研究報告 (IN2012-178), pp. 143-148, Mar. 2013.
  70. 高橋 友里, 高野 知佐, 作元 雄輔, 会田 雅樹, ``カオスを利用した送信レート制御における流体近似を用いたスループット特性評価,'' 電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会 技術研究報告 (NS2012-194), pp. 169-174, Mar. 2013.
  71. 作元 雄輔, 大崎 博之, ``低域通過フィルタを用いた刻み幅適応制御によるフローレベルネットワークシミュレーションの高速化,'' 第55回自動制御連合講演会講演 講演論文集 (2M204), pp.1811-1816, Nov. 2012.
  72. 作元 雄輔, 会田 雅樹, ``大規模ネットワークの大域的秩序形成のための自律分散制御および仮想計算機配置問題への応用,'' 電子情報通信学会 ネットワーク仮想化時限研究専門委員会 第5回研究会, Nov. 2012.
  73. 高橋 友理, 高野 知佐, 作元 雄輔, 会田 雅樹, ``送信レート制御におけるカオスを用いた階層構造について,'' 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集 (B-7-56), p.135, Sep. 2012.
  74. 作元 雄輔, 会田 雅樹, ``自律分散的秩序形成技術における能動的なトラヒック局所化効果,'' 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集 (B-7-12), p.91, Sep. 2012.
  75. 作元 雄輔, 会田 雅樹, ``ランダム効用理論に基づく確定的動作ルールを用いたシステム大域的秩序形成の自律分散制御技術,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会 技術研究報告 (IN2012-14), pp. 13-18, May 2012.
  76. 高橋 友里, 高野 知佐, 作元 雄輔, 会田 雅樹, ``結合振動子のカオス的性質を利用した送信レート制御技術,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会 技術研究報告 (IN2011-169), pp. 193-198, Mar. 2012.
  77. 作元 雄輔, 会田 雅樹, 下西 英之, ``メトロポリス法を用いたシステム大域的秩序の自律分散的形成技術の提案および仮想計算機配置問題への応用,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会 技術研究報告 (IN2011-147), pp. 61-66, Mar. 2012.
  78. 下村 直也, 作元 雄輔, 大崎 博之, 今瀬 真, ''流体近似モデルの低域通過フィルタリングによるフローレベルシミュレーション高速化手法の提案,'' 電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会 技術研究報告 (CQ2011-54), pp. 61-66, Nov. 2011.
  79. 作元 雄輔, 大崎博之, ``VANET における指向性アンテナを用いたエピデミックブロードキャスト通信方式 DSCF のメッセージ拡散分析,'' 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集 (B-7-62), p.155, Sep. 2011.
  80. 高木 健志, 作元 雄輔, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``逆拡散ポテンシャルを用いた自律分散的構造形成技術によるクラスタリング形成の収束速度,'' 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集 (B-7-50), p.143, Sep. 2011.
  81. 高山 裕紀, 作元 雄輔, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``自律分散的構造形成技術を用いたアドホックネットワークのクラスタリング,'' 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集 (B-7-48), p.141, Sep. 2011.
  82. 高野 知佐, 作元 雄輔, 会田 雅樹, ``結合振動子のカオス的性質を利用した送信レート制御技術,'' 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集 (B-7-47), p.140, Sep. 2011.
  83. 増田 健太, 高山 裕紀, 作元 雄輔, 会田 雅樹, ``自律分散的クラスタ形成技術における端末の密度変化の影響,'' 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 講演論文集 (B-7-43), p.136, Sep. 2011.
  84. 作元 雄輔, 会田 雅樹, ``非周期結晶に着想を得たデータセンターネットワークにおける仮想計算機の階層型再配置制御の提案,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会 技術研究報告 (IN2011-40), pp. 67-72, June. 2011.
  85. 高山 裕紀, 作元 雄輔, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``アドホックネットワークにおける自律分散クラスタリング技術の適用可能性の検証,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会 技術研究報告 (IN2010-166), pp. 133-138, Mar. 2011.
  86. 高木 健志, 作元 雄輔, 高野 知佐, 会田 雅樹, ``自律分散的クラスター構成技術の収束速度に関する検討,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会 技術研究報告 (IN2010-165), pp. 127-132, Mar. 2011.
  87. 作元 雄輔, 大崎 博之, 今瀬 真, ''流体近似法を用いたスケールフリーネットワークにおけるTCPフローの解析,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会 技術研究報告 (IN2010-36), pp. 79-84, July 2010.
  88. 栗林 晋平, 作元 雄輔, 長谷川 聡, 大崎 博之, 今瀬 真, ``VANETのための遅延耐性を有するブロードキャスト通信方式の特性分析,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会 技術研究報告 (IN2009-5), pp. 19-24, May 2009.
  89. 西岡 孟朗, 作元 雄輔, 大崎 博之, 今瀬 真, ``異種のフローが混在するネットワークに対応したフローレベルシミュレータの設計と実装,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会 技術研究報告 (IN2008-37), pp. 65-70, July 2008.
  90. 西岡 孟朗, 作元 雄輔, 大崎 博之, 今瀬 真, ``異種の TCP フローが混在するネットワークに対応したフローレベルシミュレータ,'' 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集 (B-7-138), p.215, Mar. 2008.
  91. 浅井 亮太, 作元 雄輔, 大崎 博之, 今瀬 真, ``大規模ネットワーク分析のためのフローレベルシミュレータの設計と実装,'' 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集 (B-7-18), p.108, Mar. 2007.
  92. 浅井 亮太, 作元 雄輔, 大崎 博之, 今瀬 真, ``大規模ネットワーク性能評価のためのフローレベルシミュレータの設計と実装,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会 技術研究報告 (IN2006-230), pp. 297-302, Mar. 2007.
  93. 作元 雄輔, 大崎 博之, 今瀬 眞, ``トランスポート層通信プロトコル XCP のロバスト性向上手法の提案,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会 技術研究報告 (IN2006-91), pp. 13-18, Nov. 2006.
  94. 作元 雄輔, 大崎 博之, 今瀬 眞, ``広帯域ネットワーク向けトランスポート層通信プロトコル XCP の安定性解析,'' 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会 技術研究報告 (IN2006-29), pp. 73-78, June 2006.
  95. 作元 雄輔, 大崎 博之, 今瀬 眞, ``伝搬遅延の異なる複数のフローを考慮した XCP の安定性解析,'' 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集 (B-7-68), p.164, Mar. 2006.

著者: Yusuke Sakumoto

Created: 2022-09-09 金 08:53

Validate