関西学院大学 工学部 情報工学課程 計算理論研究室

徳山研究室



実世界で役立つ数学

 徳山研究室では、数理システムや数理モデルの理論的な解析や評価を行い、それに基づいた情報システム設計を導くことをテーマにしています。
グラフ理論や組合せ理論などに代表される離散数学をメインに、理論計算機科学及び組合せ最適化技術を要素技術として持ち、さまざまな科学分野に応用しています。
具体的な成果は、計算幾何学、ORの諸問題、インターネット検索・解析、高速数値計算、画像・地図情報処理、データマイニング、電子商取引、計算生物学、金融工学などに及んでいます。


学生さんへ

 「役立つ数学」をモットーに、数学的な手法を用いた計算とアルゴリズムの研究を行い、それを実生活での様々な問題解決に応用する研究を行っています。
離散数学、幾何学、線形代数、確率論、組合せなどに関連した数学を用いた最新のアルゴリズムの理論やデータ構造の構築などを追求し、情報社会の課題解決や技術開拓に挑んでいます。
本研究室では、予備知識は特に要りません。考えることが好きな方、数学は好きだが現代数学は苦手な方、一流国際学会で発表したい方、その他、好奇心がある方ならどなたでも歓迎します。


最近のニュース

  • (2021/2/23)研究室の移転を行いました!場所は旧多賀研究室です.