トップ 研究領域(大学院情報科学専攻)

関西学院大学大学院 理工学研究科 情報科学専攻

 2006年4月に設置された大学院理工学研究科・情報科学専攻は,2009年4月にメディア情報工学・ロボティックス関連を専門とする教員6名を増員しました.2013年4月の人間工学専攻設置に伴い,2専攻体制となりましたが,両専攻は協力して活発に研究活動を行っています.

  情報科学専攻では,学部教育によって身につけた基礎・基盤技術をベースに,社会に大きな影響を与えうる最先端の研究に挑みます.以下の4分野で編成されますが,相互の連携により既存の領域・分野を超えた新しい研究分野を創造します(研究室名をクリックすると、各研究室ホームページに移動します).

情報システム分野
浅野研究室:空間図形の離散幾何学と計算機による図形の処理
石浦研究室:専用ディジタル信号処理プロセッサとそのソフトウェアの設計
岡田研究室:データベースからの知識発見と理論の応用
高橋研究室:数理論理学に基づく知識情報処理
西谷研究室:計算機支援による「物質・材料」設計
早藤研究室:コンピュータ仮想実験室による材料設計
ネットワークシステム分野
井坂研究室:情報伝送の信頼性と安全性の向上
北村研究室:インターネット上で働くマルチエージェントシステム
多賀研究室:広帯域モバイルマルチメディアシステムの実現
巳波研究室:インターネットの制御・設計と数学
西関研究室:離散アルゴリズムの設計・解析とグラフ・ネットワークの理論
映像音響システム分野(人間システム工学専攻)
角所研究室:先進的コミュニケーションのための知的メディア処理
片寄研究室:「音楽」「デザイン」「インタラクション技術」の融合
川端研究室:人間とコンピュータの音声対話システム
長田研究室:感性情報を利用したビジュアライゼーション
山本研究室:CGやロボットを情報メディアとするヒューマンインタフェース
サイバーロボティクス分野(人間システム工学専攻)
岡留研究室:センシングによる環境メディアとコンテンツ創生デザイン
工藤研究室:神経物理学ニューロ・ロボット脳-機械インタフェース
河野研究室:体験記録とその利用、ウェアラブルとユビキタス
嵯峨研究室:生物を規範とした人間支援メカトロニクス
中後研究室:人を支援するサービスロボティクス
岸野研究室:バーチャルメディアとヒューマンコンピュータインタラクション

シラバス

シラバスはこちら