画像情報処理(2020年度)

担当教員:角所 考

1.講義の目的

マルチメディア技術の中核を成す画像情報処理技術について講述します.
静止画や動画像の劣化やノイズを復元し,色彩や濃淡変化,動きや形等の様々な特徴を抽出するための一連の処理の流れや,各段階で用いられる具体的な手法の内容,その技術的問題点等に関する基本的な知識の修得を目指します.

2.各回の内容(予定)

各回の講述内容としては概ね以下のようなものを予定しています.
ただし,講義の進捗状況や,本講義と並行して開講される「画像情報処理演習」の演習内容との関連性を考慮し,適宜順序を変更したり,内容を一部省略・追加する可能性があります.

  • 色情報の表現
  • 画像の差分と二値化
  • 二値画像処理
  • 領域特徴の抽出
  • エッジ検出と平滑化・先鋭化
  • 特徴点の抽出
  • 直線検出とロバスト推定
  • 画素特徴に基づく物体追跡
  • 動画像特徴の抽出
  • 画像の画質とディジタル化
  • 画像の歪み補正
  • * 授業資料等はこちら(教務WWWのアカウントでログインして下さい)


    最終更新日 2020年4月20日