「コンパイラ実習」授業案内

(2022年度 秋学期)

理工学部 情報科学科   教授 石浦 菜岐佐


授業目的

C++プログラミング, 言語処理系における抽象構文木の表現と操作の手法, lex/yaccによる言語処理等を習得することを目的とする.

到達目標

講義内容

    各自のC++の習熟度に応じて実習内容を調整する.

  1. C++ 入門 (1) C から C++ へ
  2. C++ 入門 (1) C から C++ へ
  3. C++ 入門 (2) 標準ライブラリ STL
  4. C++ 入門 (3) コンストラクタ, デストラクタ, 代入
  5. C++ 入門 (3) コンストラクタ, デストラクタ, 代入
  6. C++ 入門 (4) 継承とポリモーフィズム
  7. 抽象構文木のクラス定義 (1)
  8. 抽象構文木のクラス定義 (2)
  9. 抽象構文木のクラス定義 (3)
  10. 抽象構文木のクラス定義 (4)
  11. インタープリタの実装 (1)
  12. インタープリタの実装 (2)
  13. インタープリタの実装 (3)
  14. インタープリタの実装 (4)
  15. lex の使用法
  16. yacc による抽象構文木の生成 (1)
  17. yacc による抽象構文木の生成 (2)
  18. yacc による抽象構文木の生成 (3)
  19. yacc による抽象構文木の生成 (4)
  20. yacc による抽象構文木の生成 (5)
  21. yacc による抽象構文木の生成 (6)

講義方法


【教科書・参考書】

成績評価方法・基準

連絡先