数理計画法実習

現実の諸問題を数理的に解析して適切なソリューションを与えるための能力を身に付けることを目的とする.

関西学院大学 理工学部 情報科学科
履修基準年度:3年
担当:巳波

演習目的

現実の諸問題を数理的に解析して適切なソリューションを与えるための能力を身に付けることを目的とする.

 

演習内容

講義・演習のセットを通して理論的な内容の理解を深めると同時に,最適化問題を解くプログラムの作成や待ち行列シミュレーションのプログラム作成の 演習を行う.また,様々な現実的な問題に対して,オペレーションズ・リサーチの方法論を適用してモデル化・定式化から最終的な解決策の立案までまとめる総 合演習を行う.

具体的には,

を行う.

本演習では,理論的な内容そのものよりも,その実践や適用の方法の習得に重点を置く(もちろん,理論に興味のある学生には補足的な演習課題もあ る).また,付加的な成果としてExcelとPowerPointのきわめて高度な利用法とプレゼンテーション能力の向上が期待できる.

 

成績評価の方法

各回の演習の結果に基づく.

 

参考・推薦図書

教科書は特に使用しない.

参考書として以下のものを挙げる.

受講上の注意

「最適化理論」,「グラフ・ネットワーク理論」,「ネットワーク設計論」の講義とあわせて受講することが望ましい.

 

課題提出ページ

https://ist.ksc.kwansei.ac.jp/~miwa/mathprog/index.html