「ディジタル通信」 (春学期)

担当: 多賀 登喜雄 (理工学部 情報科学科 教授)


【講義目的】


【講義内容】

  1. 講義概要,ディジタル通信の歴史
  2. ディジタル通信の技術[1]  −ディジタル信号,標本化定理,PCM変調−
  3. ディジタル通信の技術[2]  −フーリエ級数とフーリエ変換,基底帯域伝送方式と伝送路符号−
  4. ディジタル通信の技術[3]  −帯域伝送方式,ディジタル変調−
  5. ディジタル通信の技術[4]  −振幅変調,周波数変調,位相変調,波形成形による狭帯域化−
  6. ディジタル通信の技術[5]  −多値変調(QAM),伝送速度,誤り率,符号化方式−
  7. ディジタル通信の技術[6]  −多重化方式(TDM, FDM, CDM)−
  8. ディジタル通信事例[1]  −ADSL,無線LAN−
  9. データ通信システムの構成  −通信回線の接続形態,データ伝送方式−
  10. ディジタル無線通信の原理 −電波の利用と特徴−
  11. ディジタル携帯電話の技術 −セルラー方式,アクセス方式,スペクトル拡散−
  12. ディジタル移動通信方式[1] −携帯が繋がる仕組み−
  13. ディジタル移動通信方式[2] −高速データ伝送技術−


【講義方法】


【教科書・参考書】


【成績評価方法・基準】


【学生による授業評価の方法】


【準備学習等についての具体的な指示および他の科目との関連】


【キーワード】


【連絡先】