Nagata Lab.

Nagata Lab. 公式facebook

 2016年度

 過去

コンピュータ演習A
1年次、春学期 [シラバス確認]
プログラミング実習I
1年次、秋学期 [シラバス確認]
コンピュータグラフィックス
3年次、春学期
コンピュータグラフィックス演習
3年次、春学期
感性情報処理
3年次、秋学期
プログラミングIII
2年次、秋学期
ひょうごオープンカレッジ2004
-
マルチメディアコンピューティング2
2年次、秋学期
ひょうごオープンカレッジ2003
-

 感性情報処理について

感性情報処理は、人とコンピュータのよりよいインタフェースを目指して、数値・論理・知識など従来の情報処理の対象でなく、
直観・イメージ・感性といった主観的な情報を扱おうとする技術分野である。
感性情報に関する基本概念と処理手法について解説する。
また具体的な感性支援/感性代行システムの事例について述べる。

1
感性情報処理とは
2
感性情報処理手法1(心理学的測定法)
3
感性情報処理手法2(統計解析法)
4
感性情報処理手法3(学習アルゴリズム)
5
感性情報処理手法4(シミュレーション法)
6
カラーデザインシステムへの応用
7
外観検査システムへの応用
8
音楽システムへの応用
9
製品設計システムへの応用
10
五感と感性
11
メディアと感性
12
生理計測・脳機能計測
13
トピックス紹介
授業方法
講義と課題演習
教科書
ヒューマンコミュニケーションシリーズ:井口征士ほか「感性情報処理」オーム社
辻三郎「感性の科学」サイエンス社
成績評価方法
出席、レポート、学期末定期試験による総合評価。
ページ上部へ