Yasuhiko Kitamura - Courses(J)-Database
Yasuhiko Kitamura
Home
Publication
Courses
Projects
CV
Links

データベース講義ホームページ 2016年度


レポートの返却は原則,授業実施日の翌週以降で,月水金の9時から13時の間に北村教授室の秘書(宮脇)から行います.

講義概要

  • シラバスを参照してください.

講義スケジュール(資料アクセスは学内のみです)

  • 9月20日(火):休講(暴風警報発令のため)
  • 9月27日(火):1回目(データベースとは)資料
  • 10月4日(火):休講
  • 10月11日(火):2回目(リレーショナルデータモデル)資料
  • 10月15日(土)4限(補講)3回目(リレーショナルデータモデル, MySQL)資料
  • 10月18日(火):4回目(リレーショナル代数) 資料
  • 10月25日(火):5回目(SQL) 資料
  • 11月1日(火):6回目(設計理論) 資料
  • 11月8日(火):7回目(ファイルのアクセスと編成法(1)) 資料
  • 11月15日(火):8回目(ファイルのアクセスと編成法(2)) 資料
  • 11月22日(火):9回目(質問処理とその最適化) 資料
  • 11月29日(火):10回目(トランザクションと障害時回復) 資料
  • 12月6日(火):11回目(トランザクションの同時実行制御) 資料
  • 12月13日(火):12回目(分散型データベースシステム) 資料
  • 12月20日(火):13回目(総復習)
  • 1月17日(火):試験

成績評価方法・基準

期末試験60点以上で合格.50〜59点の場合はレポート点(1回提出に付き1点)を最大10点まで加算し,60点以上になれば60点として合格.それ以外は不合格.
  • 例1:試験100点+レポート10回→成績100点(合格)
  • 例2:試験80点+レポート8回→成績80点(合格)
  • 例3:試験55点+レポート8回→成績60点(合格)
  • 例4:試験53点+レポート6回→成績59点(不合格)
  • 例5:試験48点+レポート12回→成績48点(不合格)

2015年度試験結果

  • 問題と解答例
  • 統計
    • 合格者 111/177 (63%)
      • 情報2年: 54/79 (68%)
      • 人間2年: 33/55 (60%)
      • その他: 24/43 (56%)
    • 平均 63点(試験欠席者は除く)
    • 得点分布
      • 100: 1名
      • 90-99: 9名
      • 80-89: 29名
      • 70-79: 23名
      • 60-69: 49名
      • -59: 55名
      • 欠席: 11名

2014年度試験結果

  • 問題と解答例
  • 統計
    • 合格者 97/145 (67%)
      • 情報2年: 43/60 (72%)
      • 人間2年: 38/61 (62%)
      • その他: 16/24 (67%)
    • 平均 63点(試験欠席者は除く)
    • 得点分布
      • 100: 4名
      • 90-99: 13名
      • 80-89: 14名
      • 70-79: 17名
      • 60-69: 49名
      • -59: 40名
      • 欠席: 8名

2013年度試験結果

  • 問題と解答例
  • 統計
    • 合格者 108/187 (58%)
      • 情報2年: 46/65 (71%)
      • 人間2年: 38/53 (72%)
      • その他: 24/69 (35%)
    • 平均 53点
    • 得点分布
      • 100: 4名
      • 90-99: 8名
      • 80-89: 16名
      • 70-79: 28名
      • 60-69: 52名
      • -59: 79名

2012年度試験結果

  • 問題と解答例
  • 統計
    • 合格者 138/162 (85%)
      • 情報2年: 60/71 (85%)
      • 人間2年: 35/39 (90%)
      • その他: 43/52 (83%)
    • 平均 59点
    • 得点分布
      • 100: 1名
      • 90-99: 5名
      • 80-89: 12名
      • 70-79: 29名
      • 60-69: 79名
      • -59: 73名

2011年度試験結果

  • 問題と解答例 (2013.1.15修正)
  • 統計
    • 合格者 125/199 (63%)
      • 情報2年: 67/87 (77%)
      • 人間2年: 49/91 (54%)
      • その他: 10/21 (48%)
    • 平均 59点
    • 得点分布
      • 100: 1名
      • 90-99: 5名
      • 80-89: 12名
      • 70-79: 29名
      • 60-69: 79名
      • -59: 73名

2010年度試験結果

  • 問題と解答例 (2013.1.10修正)
  • 統計
    • 合格者 128/189 (68%)
      • 情報2年: 66/98 (67%)
      • 人間2年: 52/74 (70%)
      • その他: 10/17 (59%)
    • 平均 60点
    • 得点分布
      • 100: 1名
      • 90-99: 3名
      • 80-89: 22名
      • 70-79: 34名
      • 60-69: 68名
      • -59: 61名

2009年度試験結果

  • 問題と解答例
  • 統計
    • 受験者数 148名
    • 合格者 112名(76%)
    • 平均 68点
    • 得点分布
      • 100: 2名
      • 90-99: 24名
      • 80-89: 29名
      • 70-79: 27名
      • 60-69: 30名
      • -59: 36名

2008年度試験結果

  • 問題と解答例
  • 統計
    • 受験者数 154名
    • 合格者 118名(77%)
    • 平均 62点
    • 得点分布
      • 100: 0名
      • 90-99: 3名
      • 80-89: 18名
      • 70-79: 45名
      • 60-69: 52名
      • -59: 36名

2007年度試験結果

  • 問題と解答例
  • 統計
    • 受験者数 170名
    • 合格者 127名(74%)
    • 平均 66点
    • 得点分布
      • 100: 9名
      • 90-99: 14名
      • 80-89: 32名
      • 70-79: 25名
      • 60-69: 47名
      • -59: 43名

2006年度試験結果

  • 問題と解答例
  • 統計
    • 受験者数 62名
    • 合格者 55名(89%)
    • 平均 73点
    • 得点分布
      • 100: 0名
      • 90-99: 8名
      • 80-89: 16名
      • 70-79: 16名
      • 60-69: 16名
      • -59: 6名

2005年度試験結果

  • 問題と解答例
  • 統計
    • 受講者数 36名
    • 合格者 18名(50%)
    • 平均 53点
    • 得点分布
      • 100: 0名
      • 90-99: 1名
      • 80-89: 4名
      • 70-79: 7名
      • 60-69: 6名
      • -59: 18名
    • 評価は試験(80点)とレポート(20点)で行っています.

2004年度試験結果

  • 問題と解答例
  • 統計
    • 受験者数 98名
    • 合格者 61名(62%)
    • 平均 60点
    • 標準偏差 26
    • 得点分布
      • 100: 3名
      • 90-99: 12名
      • 80-89: 18名
      • 70-79: 10名
      • 60-69: 18名
      • -59: 37名

役に立つデータベース

  • 以下のデータベースは本講義を受講した学生の推薦によるものです.
  • 近年は以下に該当するデータベースは除外しています.
    • 限られた地域の人にしか役に立たない.例:市立図書館の蔵書データベース
    • 限られた趣味の人にしか役に立たなり.例:ゲーム攻略法のデータベース
    • 会員登録しないと利用できない.
    • 公序良俗に反する.
    • インストールしないと利用できない.例:スマートフォンのアプリ
    • データベース管理システム.例:SQLite
  • 記号の意味:**すごく役に立ちそう,*役に立ちそう,+ユニークさがある.全て講義担当者の主観です.

役に立つデータベース2016

役に立つデータベース2015

役に立つデータベース2014

役に立つデータベース2013

役に立つデータベース2012

役に立つデータベース2011

役に立つデータベース2010

役に立つデータベース2009

役に立つデータベース2008

役に立つデータベース2007

役に立つデータベース2006

役に立つデータベース2005

役に立つデータベース2004


Last Update: December 13, 2016