KWANSEI GAKUIN UNIVERSITY

情報システムコース

浅野考平教授写真情報科学教育研究室(浅野考平教授) 何かを理解しようとするとき、脳の中ではどんなことが起こっている?

近年、コンピュータサイエンス教育の重要性が再認識されつつあり、政府の成長戦略の一環として義務教育でもプログラミングを導入しようという動きがあります。そこで情報科学教育研究室では、多くの人がデータ構造やアルゴリズムを使いこなす能力を身に付けるための教育方法の開発に取り組んでいます。

研究分野

コンピュータサイエンスの教育

もっと詳しく

石浦菜岐佐教授写真コンピュータシステム工学研究室(石浦菜岐佐教授) スマートフォンや家電製品をもっと小さく、速く、省エネに!どうしたらできる!?

現在のタブレット端末やスマートフォンには、10年前のスーパーコンピュータに匹敵する計算能力が備わっています。それを可能にしたのが「デジタル信号処理プロセッサ」です。コンピュータシステム工学研究室では、極めて限られた電力で高度な性能を達成するプロセッサの設計と、そのプログラミングについて研究しています。

研究分野

システム・ソフトウェアの開発、組込みシステムの設計

もっと詳しく

猪口明博准教授写真データ工学研究室(猪口明博准教授) 膨大かつ多様なデータの中に潜んでいる規則性や法則性を見つけ出せる!?

計算機技術、ネットワーク技術、ストレージ技術の発展により、容易にデータを生成、転送、蓄積できる社会となり、日々、多様で大規模なデータが蓄積されています。データ工学研究室では、このような膨大なデータの中から人間にとって有用な知識を発見する技術「データマイニング」の研究に取り組んでいます。

研究分野

データマイニング、データ工学

もっと詳しく

加藤直樹教授写真システム最適化研究室(加藤直樹教授) 地震や津波などの大規模災害に備えて最適な防災計画を立てられる!?

インターネット社会を支える基盤技術であるアルゴリズムを研究しており、なかでもビッグデータ向けのアルゴリズムの開発に関する理論研究を推進しています。また、津波などの大規模災害に向けた最速避難計画、新しい建築デザインの創生やたんぱく質の挙動解析への応用を目指した研究にも取り組んでいます。

研究分野

離散アルゴリズムの設計と解析組合せ最適化

もっと詳しく

高橋和子教授人工知能基礎研究室(高橋和子教授) あれ?本当に?どうも、つじつまが合わないぞ?人のウソを見抜くには!?

人間の知的活動をサポートするためには、コンピュータに人間のしていることをきちんと規則的な形で教えなければいけません。また、速く自動的に問題を解かせることも重要です。そのためにはどのような仕組みを与えればよいか、そのプログラムはどんな場合でも正しく動くことが保証されているのか、といった問題を追求します。

研究分野

数理論理学に基づく知識情報処理

もっと詳しく

西谷滋人教授シミュレーション工学研究室(西谷滋人教授) 長時間かけて実験せずに、物質の性質を原子・電子レベルから理解するには!?

近年著しく発展している計算能力を駆使すれば、仮想的に「物質・材料」を開発する技術を確立することができます。シミュレーション工学研究室では、物質の結合を担う電子レベルの複雑な動きをコンピュータでシミュレーションできるようにする手法の開発に取り組み、それらを現実的な対象へと適用しています。

研究分野

計算機支援による「物質・材料」設計

もっと詳しく

一覧に戻る