合同エージェントワークショップ&シンポジウム2003 (JAWS 2003)
Joint Agent Workshops & Symposium (JAWS 2003)

2003年10月6日(月)〜8日(水)

ウェスティンホテル淡路リゾート&カンファレンス
〒656-2301 兵庫県津名郡東浦町夢舞台2番地
TEL : 0799-74-1111

兵庫県立淡路夢舞台国際会議場
〒656-2301 兵庫県津名郡東浦町夢舞台1番地
TEL:0799-74-1020 FAX:0799-74-1021


皆様のおかげを持ちまして,ワークショップを無事終了することができました.

JAWS04に関する情報(予定)は以下の通りです.
期日:2004年10月27日(水)〜29日(金)(変更になりました.)
場所:ホテルメゾン軽井沢
PC委員長:菅原俊治(NTT)
実行委員長:桑原和宏(ATR),栗原聡(大阪大学)
ホームページ:http://www.entia.org/jaws2004/

また,JAWS03の予稿集に関しては大阪大学の栗原聡までお問い合わせください.


エージェントは利用者や他のエージェントと知的に相互作用する自律的ソフトウェアであり,次世代の分散システムを構築する中核的技術として国内外において盛んに研究が進められています.国内では昨年11月,日本ソフトウェア科学会「マルチエージェントと協調計算」研究会と電子情報通信学会「人工知能と知識処理」研究会が合同してJAWS2002が函館大沼プリンスホテルにおいて開催されました.JAWS2002には120名の参加者,81件の研究発表があり,大変実り多い研究会となりました.

JAWS2003はその成功を受け継ぐものとして,さらに情報処理学会「知能と複雑系」研究会,人工知能学会「知識ベースシステム」研究会とも合同で開催することとなり,日本のエージェント研究に関する主要研究会が集結した学会横断的なイベントとなります.日本国内のエージェントの研究・開発者が一同に集まり,討論や情報交換を行うこととは,さらなる発展のために,極めて有効かつ意味のあることと考えられます.JAWS2003では、基調講演,招待講演,パネル討論からなるシンポジウムと一般セッション以外にも,研究会が独自に主催する研究会特別セッション,デジタルポスターセッション,JAWSメンタリングプログラムからなるワークショップを予定しています.また,JAWS2002では発表論文のうち優れたものは電子情報通信学会論文誌特集号として出版されますが,JAWS2003では人工知能学会論文誌特集号として出版の予定です.

JAWS2003は兵庫県立淡路夢舞台国際会議場とウェスティンホテル淡路リゾート&カンファレンスを会場に合宿形式の形態をとります.これにより時間を気にすることなく密度の濃い議論と交流が可能となります.ちなみにウェスティンホテル淡路はサッカーワールドカップ2002の際にイングランドチームが宿泊したことでも知られている高級リゾートホテルの一つです.今回はコンファレンスレートの適用により,格安な料金で宿泊することが可能になりました.

エージェントの研究開発に携わっておられる方はもちろんのこと,関連技術やその応用に興味をお持ちの方々の幅広い参加を期待しています.皆様奮ってのご投稿・ご参加をお待ちしております.

★プログラム

最終プログラムはこちら

10月6日(月)シンポジウム

12:00-
受付開始.会議場1Fアンフィシアター前で.

13:00-17:00
基調講演
 石田亨(京都大学)
招待講演 溝口理一郎(大阪大学)
パネル討論 Toward Agents United 溝口理一郎(大阪大学),佐藤一郎(国立情報学研究所),出口弘(東京工業大学),間瀬健二(名古屋大学),横尾真(NTT)

18:00-20:00
懇親会 ウェスティンホテル淡路

10月7日(火) ワークショップ

9:00-17:30
一般セッション


19:00-21:00
デジタルポスターセッション(電子情報通信学会) パソコンを持ち込み,デモを中心に行うセッションです.インターネット接続と液晶ディスプレイを会場に用意します.

JAWSメンタリングプログラム(日本ソフトウェア科学会) 第一線のエージェント研究者から研究に関してアドバイスを受ける学生向けプログラムです.

10月8日 ワークショップ

9:00-15:00
研究会特別セッション(情報処理学会,人工知能学会)
一般セッション

★費用

参加費(予稿集、懇親会費を含む.)
  一般 18,000円
  学生 15,000円

(注意)懇親会のみ参加の方は8000円頂きます.また別途予稿集を希望の方には1冊5000円で販売いたします.

宿泊費(1泊.サービス料・税込.)
シングル(1室1名) 11970円
ツイン(1室2名) 8846円
トリプル(1室3名) 6615円

(注意)JAWS2003 は合宿形式で行います.参加される方は、原則として同ホテルに宿泊頂くこととなりますので、ご了承下さい.上記の宿泊費はカンファレンスレートですので,ホテルに直接申し込まれても適用になりません.宿泊等の予約については、JTBを介して行ます.

★ JAWS2003参加申込要領

会議の参加登録と、宿泊の予約は、下記に従って別々に行なって下さい。

(1)会議の参加登録の方法

参加される方は以下の参加申込書に御記入の上,jaws2003@ksc.kwansei.ac.jpまで電子メールにてお申し込み下さい.グループで参加される場合でも、申込書はまとめずに、一人一人別に作成の上、御送付下さい。

会議参加登録申込〆切: 9月19日(金)

また,参加費を下記の口座にお振り込みください.振込みはできるだけ9月30日までにお願いします.それが難しい場合はその旨,申込書にお書きください.

銀行名:三井住友銀行 三田(さんだ)支店(店番号391)
口座:普通 4146058
名義:JAWS2003北村泰彦(ジョーズ2003キタムラヤスヒコ)

キャンセルの場合は9月30日までに連絡ください.それ以後のキャンセルは参加費全額頂きます.

(2) 宿泊申込の方法

宿泊の取りまとめは JTBに依頼しました。JTB作成の宿泊申込書のファイル (PDFファイル)をダウンロードし、その説明をお読みの上、JTBまでお申込下さい。なお,宿泊料金はコンファレンスレートが適用されていますので,必ずJTBを介して申し込んでください.(ホテルに直接申し込まれてもコンファレンスレートは適用されません.)

★ JAWS2003 発表・論文募集要領

1. 対象分野

エージェントの概念・理論・技術
- 基礎理論
- エージェント間通信プロトコル
- エージェントアーキテクチャ
- エージェント記述言語
- エージェント協調技術
- エージェント処理系/フレームワーク
- エージェントインタフェース
- など
エージェントの応用
- 情報の収集・統合・流通
- モバイル/P2P通信支援
- コミュニティウェア/ソーシャルウェア
- Semantic Webとエージェント
- インターネット応用システム
- 協調作業支援
- ネットワーク管理・運用
- ウェブベースドトレーニング
- 産業システムへの応用
- 電子商取引
- ソフトウェア工学への応用
- など

これらの分野に限らず,エージェントに関する論文であれば,投稿を歓迎します.

2. 論文の執筆と取扱い

原則として人工知能学会論文誌に準ずるスタイルファイル(LaTex2.09,LaTex2e,MSWord)を用い,カメラレディ形式で刷り上がり8ページ以下を基準とします.投稿はPDF形式で,下記の原稿投稿先へ直接お願い致します.JAWSへの投稿論文はプログラム委員会で査読を行わせて頂きます.投稿の前に発表申込(7月1日締切)をお願いいたします.
またJAWSの後には人工知能学会論文誌より特集号(平成16年7月号)が企画されていますので,発表された論文を投稿していただくことが可能です.

3. スケジュール

シンポジウム発表申込締切(延長) 平成15年 7月8日(火)
シンポジウム論文原稿締切 平成15年 8月8日(金)
シンポジウム採録通知 平成15年 9月5日(金)
シンポジウム最終稿締切 平成15年9月15日(月)
-----
シンポジウム参加登録締切 平成15年9月19日(金)
シンポジウム宿泊申込締切 平成15年9月19日(金)
-----
シンポジウム開催 平成15年10月6日(月)〜8日(水)
-----
論文誌特集号投稿締切 平成15年10月31日(金)
論文誌特集号第1回採録判定通知 平成15年12月15日(月)
論文誌用修正原稿締切 平成16年2月6日(金)
論文誌最終採録通知 平成16年3月12日(金)
最終原稿締切 平成16年3月26日(金)
論文誌特集号発行 平成16年7月

4. 発表申込及び原稿投稿先

以下のサイトから発表申込,原稿投稿を行ってください.
http://www.lab7.kuis.kyoto-u.ac.jp/JAWS03reg/

デジタルポスターセッションJAWSメンタリングプログラムに関する申込も同時に行ってください.

5.問合せ先

北村泰彦 関西学院大学理工学部情報科学科
〒669-1337 三田市学園2-1
TEL&FAX: 079-565-7774
E-mail: ykitamura@ksc.kwansei.ac.jp

★ JAWS2003 ホームページ

http://ist.ksc.kwansei.ac.jp/~kitamura/jaws03/

★ JAWS2003 プログラム委員会と実行委員会

(1) プログラム委員長:
 北村泰彦(関西学院大学)
(2) 実行委員長:
 栗原聡 (NTT), 八槙博史 (京都大学)
(3) プログラム委員:
 荒井秀一 (武蔵工大)
 櫟 粛之 (NTT)
 伊藤孝行(名工大)
 和泉 潔(産総研)
 和泉憲明(産総研)
 井ノ上直己 (KDDI研究所)
 岩沼宏治 (山梨大)
 大沢英一(はこだて未来大)
 大須賀昭彦 (東芝)
 小野哲男(はこだて未来大)
 加藤貴司 (東北大)
 木下哲男(東北大)
 桑原和宏(ATR)
 佐藤一郎(NII)
 佐藤 健(NII)
 新谷虎松 (名工大)
 菅沼拓夫 (東北大)
 菅原研次 (千葉工大)
 菅原俊治(NTT)
 角 康之(京大)
 武田英明 (NII)
 辻 秀一 (東海大)
 寺野隆雄 (筑波大)
 中島秀之 (AIST)
 長尾 確 (名大)
 中内 靖(筑波大)
 生天目章 (防大)
 西田豊明 (東大)
 沼尾正行(阪大)
 服部文夫(NTTソフト)
 藤田 悟 (NEC)
 藤田 茂 (千葉工大)
 松原繁夫(NTT)
 丸山文宏(富士通研)
 宮島廣美(鹿児島大)
 八槇博史 (京大)
 山田誠二(NII)
 横尾 真 (NTT)


2004.10.26
Yasuhiko Kitamura (ykitamura@ksc.kwansei.ac.jp)